COZUCHI(コヅチ)で投資するプロジェクトの選び方は?5つポイント解説

COZUCHIは、LAETOLI株式会社が運営する不動産投資型クラウドファンディングで、投資家に積極的に1億円を超えるような大規模プロジェクトを多数提供しています。

定期的に様々な案件を提供しているCOZUCHIで、投資するプロジェクトを選ぶときには、どのようなポイントを見ておけば良いのか悩む方も多いのではないでしょうか。

本記事では、COZUCHIで投資するプロジェクトを選ぶ際に確認しておきたい比較ポイント5つを解説します。

※COZUCHI(コヅチ)では、2021年11月13日から2022年1月15日まで、HEDGE GUIDE経由で新規に投資家登録を完了すると、先着1000人限定でAmazonギフト券2000円分がプレゼントされるタイアップキャンペーン実施中です。

目次

  1. COZUCHI(コヅチ)のプロジェクトの特徴
    1-1.キャピタルゲイン重視型とインカムゲイン重視型の2種類があ
    1-2.1億円以上の大規模プロジェクトが多い
    1-3.不動産取得の詳細な経緯・情報を公開している
  2. COZUCHI(コヅチ)のプロジェクトを比較するポイント5つ
    2-1.仕入れの工程や土地の種類をチェックする
    2-2.不動産の立地をチェックする
    2-3.募集規模と上限金額をチェックする
    2-4.どのように利益の獲得を目指すのかを見る
    2-5.運用期間をチェックする
  3. まとめ

1.COZUCHI(コヅチ)のプロジェクトの特徴

COZUCHI(コヅチ)COZUCHIは、LAETOLI株式会社が運営している不動産投資型クラウドファンディングです。

COZUCHIはどのような特徴を持つファンドを提供しているのか、確認していきましょう。

1-1.キャピタルゲイン重視型とインカムゲイン重視型の2種類がある

不動産投資型クラウドファンディングでは、投資家から資金を集め取得した不動産を運用して家賃収入を得るインカムゲイン重視型と、不動産を売却して売却益を狙うキャピタルゲイン重視型の2種類があります。

多くの不動産投資型クラウドファンディングでは、基本的には取得した不動産を貸し出して家賃収入を得る、インカムゲインを主軸としたファンドを提供しています。

一方、COZUCHIではインカムゲイン重視のファンド、キャピタルゲイン重視のファンドの両方を扱っています。キャピタル重視型の場合、募集時の売却計画通りに進まないと損失が出てしまうリスクがありますが、インカムゲイン型と比較して大きなリターンを得やすいメリットがあります。

投資目的やリスクによって、インカムゲイン重視かキャピタルゲイン重視かの選択は変わってきます。COZUCHIでは、案件によって想定利回りの内訳が、キャピタルゲインが何%、インカムゲインは何%と記載されているので、確認しておきましょう。

【関連記事】COZUCHIのインカムゲイン型・キャピタルゲイン重視型ファンドの違いは?

1-2.1億円以上の大規模プロジェクトが多い

不動産投資型クラウドファンディングの多くが区分マンションを投資対象としています。区分マンションのファンドは過去の事例や実績データが多いことから収益予測が立てやすく、投資リスクが低いというメリットがあります。

一方、区分マンションファンドは比較的に低価格であることから小規模なファンドとなりやすい特徴があります。小規模ファンドは募集開始後にすぐ満額となってしまい、投資機会をなかなか得にくいということがデメリットとなります。

COZUCHIでも区分マンションファンドはありますが、区分マンションのような数千万円単位の案件よりも、大規模な土地や一棟マンションを取得して運用する1億円以上の規模のプロジェクトが多く提供されています。

このようなファンドでは募集金額が大きいことで、募集開始後にすぐに満額となってしまう可能性が低く、投資機会を得やすいという点がメリットとなります。

1-3.不動産取得の詳細な経緯・情報を公開している

COZUCHIでは、プロジェクトの案件情報にどういった経緯でその不動産を取得したのか、また立地や建物の情報を細かに掲載しています。

物件取得の背景を見ると、共有持分や借地権など特殊な不動産を取得することで、相場より低価格で取得したという案件も見られています。

権利関係が複雑な不動産は扱いが難しくなるため、相場よりもやや安い価格での取引が行われることがあります。COZUCHIでは権利関係が複雑な物件を取り扱うノウハウを活用し、取得費を抑えることで、高利回りの案件組成が可能となります。

2.COZUCHI(コヅチ)のプロジェクトを比較するポイント5つ

COZUCHIのプロジェクトに投資する時には、どういったポイントをチェックしておくと良いのでしょうか。そのポイントを5つご紹介します。

2-1.仕入れの工程や土地の種類をチェックする

COZUCHIのプロジェクトで運用する土地の不動産の取得の経緯などを確認しておきましょう。COZUCHIでは、不動産をどのように仕入れたか、どのような背景を持つのかを投資家に情報公開しています。

どのように物件を取得したのかを知っておくことで、リスクとリターンを把握する材料になります。特にキャピタルゲイン重視型の場合、相場より安い価格で不動産を取得できているかどうかが、重要なポイントとなってきます。

2-2.不動産の立地をチェックする

次に見るポイントは、運用対象の不動産の立地です。COZUCHIのプロジェクトでは、運用不動産の住所を公開しているプロジェクトがありますが、一部の案件では公開していないことがあります。

どのプロジェクトでも、大まかな立地条件は公開されているので、その土地がどういった需要があり、今後どのような状況の変化が起こりえるのかを推測してみましょう。

2-3.募集規模と上限金額をチェックする

COZUCHIで募集されるプロジェクトの金額、そして個人が投資できる金額もチェックしておきましょう。COZUCHIでは1億円以上の大規模案件を数多く提供しており、個人の最大投資金額の上限は、多くの場合で募集金額の10%までとなっています。

募集金額の10%までに設定されていると、例えば、2億5000万円のプロジェクトでは個人で最大2500万円まで投資可能ということになります。一方、数千万円規模の案件では、個人が投資できる上限も数百万円となり、一度に大きな金額を投じることが難しくなります。

またプロジェクトにより、先着制度と抽選制度のものがあります。抽選制度の場合は必ずしも投資できないこともあるので、募集条件も見ておく必要があります。

2-4.どのように利益の獲得を目指すのかを見る

COZUCHIでは、プロジェクトの運用に際し、どのように利益の獲得を目指すのかといった運用計画も公開しています。

例えば過去のプロジェクトでは、賃貸先を変えることで収益を増やし、売却によるキャピタルゲインを狙う「下赤塚 一棟マンション」や、物件の権利を買い進め持分を全部保有することでバリューアップする「六本木 事業用地」などのプロジェクトがありました。

ただし、運用計画が確実に遂行されるとは限りません。運用計画を確認するときは、案件で説明されている想定が数字的に実現可能であるのかどうかを判断し、投資の可否を判断する材料としてみましょう。

2-5.運用期間をチェックする

不動産投資型クラウドファンディングの案件では、規定されている運用期間もチェックしておきましょう。特にキャピタルゲイン目的のプロジェクトでは、数ヶ月など短期での売却が基本的には多くなっています。

逆に家賃収入を目的とするプロジェクトは、2年間など長期運用案件が多く、投資家にとっては長期間にわたって分配金が得られるメリットの反面、運用期間中は資金を動かせなくなるデメリットがあります。

運用期間中は自分の資金が拘束されることになるため、全ての投資用資金を運用に回してしまうと、現金が必要な時に思わぬリスクが発生する可能性もあります。なお、COZUCHでは、会員登録後のマイページより案件運用途中でのキャンセルが可能です。ただし、案件によっては手数料の支払いが発生するケースがあるため注意しておきましょう。

自分の動かせる資金の上限をきちんと把握して、キャピタルゲインとインカムゲイン目的のプロジェクトでポートフォリオを構築し、運用計画を築いていきましょう。

【関連記事】途中解約(キャンセル)ができる不動産投資型クラウドファンディング2社

まとめ

COZUCHIでは、東京都内の不動産を中心にインカムゲイン目的のプロジェクト、キャピタルゲイン目的のプロジェクトまたその両方など多様なプロジェクトを投資家に提供をしています。

個人が運用できる金額も1プロジェクト当たり最大で1千万円以上と大規模であり、多額の資金を運用したい人にも適した不動産投資型クラウドファンディングと言えるでしょう。

ここで挙げたポイントをしっかりと見ながら、自分の許容できるリスクの範囲内で資金運用を検討してみましょう。

【関連記事】COZUCHI(こづち)の利回りやリスクは?募集ファンドの実績を検証
【関連記事】不動産投資型クラウドファンディングCOZUCHIの評判は?メリット・デメリットや登録手順も

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」