30代で不動産投資を始めるメリット・デメリットは?体験談・口コミも

30代は転職や結婚などを考える人も多く、人生の中でもいろいろな変化が起きやすいタイミングの一つです。将来に向けた資産形成を考えて、不動産投資を始める人も少なくありません。

しかし、30代から不動産投資を始めた場合どのようなメリットがあるのか、何に気をつけるべきなのかなど、疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

30代から不動産投資を始めるメリット・デメリットに加えて、実際に30代で不動産投資を始めた人の体験談をご紹介します。

目次

  1. 30代で不動産投資を始めるメリット
    1-1.不動産の運用期間を長くとれる
    1-2.年齢が若いことは不動産投資ローンの属性評価でプラスに働く
    1-3.不動産投資の知識と経験を蓄積できる
  2. 30代で不動産投資を始めるデメリット・注意点
    2-1.本業が忙しいと、物件選びの時間を割くのが難しい
    2-2.不動産投資ローンの返済リスクがある
    2-3.自宅購入の時期と重なると返済リスクが増す
  3. 不動産投資を始めた30代の体験談・口コミ
    3-1.投資を検討したきっかけは?
    3-2.物件購入時に不安な点はあった?
    3-3.実際に話を聞いて不動産投資へのイメージは変わった?
  4. まとめ

1.30代で不動産投資を始めるメリット

30代で不動産投資を始める主なメリットは、収益のほかにも知識や経験などを早いうちから蓄積できることです。それぞれ詳しく見て行きましょう。

1-1.不動産の運用期間を長くとれる

30代のうちに不動産投資を始めれば不動産の運用期間が長くなるため、始める時期が早ければ早いほど、不動産投資の収益を多く見込めることになります。

不動産投資が持つメリットの1つは、長期継続的に家賃収入を見込めることです。時間をかけて収益を上げていく特性上、早い時期に不動産投資を始めれば、その分運用期間を長く設定できます。

1-2.年齢が若いことは不動産投資ローンの属性評価でプラスに働く

30代は不動産投資を始めるメリットとして、年齢が若いという点は不動産投資ローンを利用する場合にも効果的です。

不動産投資ローンの評価では、物件の収益性だけでなく借りる人の年齢・年収・勤務先・勤続年数などのポイントが評価対象となります。年齢が若いと将来の就労期間が長いとみなされ、長期のローンを組みやすくなる傾向にあります。

返済期間を長くすれば毎月の返済額が少なくなり、キャッシュフロー(資金の流れ)を改善させることに繋がります。

不動産投資ローンの借入期間を長く設定しやすいという点も、30代で不動産投資をスタートするメリットです。

1-3.不動産投資の知識と経験を蓄積できる

長期間にわたって資産運用の経験を積めるということも、30代で不動産投資をスタートするメリットの1つです。

資産運用で収益を上げるためには、机上の勉強で学ぶことも重要なポイントになりますが、知識と同様に資産運用の経験も重要です。

例えばサラリーマンをリタイア後に退職金を元手として資産運用を考える場合、本業の収入が無い状態ではリスクのある運用方法を取ることが難しくなります。また金融機関の融資条件も厳しくなってしまうことから、運用不動産の選択肢も限られてきます。

30代から不動産投資を始めることは資産運用の経験を積み、将来の資産形成に活かすことにつながるメリットがあると言えます。

2.30代で不動産投資を始めるデメリット・注意点

30代で不動産投資を検討する上での注意点として、時間とお金に関するリスクを管理することが重要なポイントとなります。ライフプランにも変化が出てくる時期なので、長期的な目線に立って計画を立てる必要があります。

30代で不動産投資を始めるデメリット、注意点についても詳しく見て行きましょう。

2-1.本業が忙しいと、物件選びの時間を割くのが難しい

30代で不動産投資を始めるときに気をつけなければならないことは、本業が忙しい人の場合、物件選びに割ける時間が限られていることです。

30代になると本業で役職がついたり管理職になったりする人も増えてきます。このような方の場合、不動産投資について情報収集したり勉強したりする時間を確保しにくい点に要注意です。

現物資産を運用する不動産投資は、物件選びの時点でエリアや物件のスペックが確定してしまうため購入後に軌道修正することが難しくなります。時間がないからと物件選びを適当にすると、入居率の低い物件を購入してしまう失敗も考えられます。

空室が長期化すると、ローン返済に行き詰まるなど悪循環に陥ることもあります。想定外の空室で失敗するリスクを下げるためには、ある程度時間をかけたエリアや物件の比較が必要になります。

2-2.不動産投資ローンの返済リスクがある

不動産投資は、金融機関の不動産投資ローンを利用した物件購入が検討できる投資手法です。このため、貯蓄額が少ない若年層の段階でも物件購入を検討できるメリットがあります。

しかし、ローンを使えるからといって資金を借りすぎると、ローンの返済リスクが上がります。また、ローン返済は不動産投資の収益を圧迫するため、月々のキャッシュフローも損ねてしまう点に要注意です。

空室が長期化した場合には給与からの返済が必要になるケースも考えられるため、自身の返済比率を見直すなどの注意が必要です。

2-3.自宅購入の時期と重なると返済リスクが増す

30代になると結婚して自宅の購入を検討する人も増えてきます。しかし、不動産投資ローンを利用しながら不動産投資をする傍らで家を購入しようとする場合は、それぞれのローン返済のリスクに要注意です。

また、住宅ローンと不動産投資ローンの二つの総借入額が合わさってしまうことで、金融機関からの評価が下がってしまう点にも注意が必要です。何も借り入れが無い状態と比べると、購入できる物件の選択肢が狭まることもあるためです。

自宅購入と合わせて不動産投資を検討している方は、その後のライフプランを含めて慎重に考えることが重要です。

【関連記事】不動産投資ローンと住宅ローンはどちらを先に組むべき?パターンを比較

3.不動産投資を始めた30代の体験談・口コミ

実際に、30代で不動産投資を始めた方の体験談・口コミをみていきましょう。以下は、東証1部上場企業の不動産投資会社「プロパティエージェント」で実際に投資マンションを購入された30代の方々の体験談・口コミです。

3-1.投資を検討したきっかけは?

「将来設計を考え始めないと。」と思ったからです

老後の資産形成を始めていきたいと思い、「投資を始めたほうがいいかな」と検討し始めた時に、電話を頂いたことがきっかけです。様々な投資の手段がある中で不動産投資を選んだ理由はいろいろありますが、会社の同僚に不動産投資をしている人が多かったのも理由の一つです。(30代・コンサルティング企業勤務・男性)

3-2.物件購入時に不安な点はあった?

ローンを組むこと自体への恐怖感です

商談が進むにつれて、「失敗したらどうなるんだろう」という不安が現実味を増していきました。ですが、リスクばかりに囚われていたら何もできません。不安をゼロにはできないけれど、営業担当の方のお話を聞いて、ワンルームなら不動産価格が下がりにくいことや、地震などの災害補償がしっかりしていることを理解できたのも大きかったです。(30代・看護師・女性)

3-3.実際に話を聞いて不動産投資へのイメージは変わった?

仕組みに納得できて、ハードルが下がりました

私が提案を受けた不動産投資は、土地や物件を転売して利益を得るようなものではなく、じっくりと長期運用をしていくスタイルでした。資金的にも大きな負担なく始めることができます。どの程度のリスクを背負うことになるのかが心配でしたが、いざとなっても対応策があることがわかり、かなりハードルが下がりました。(30代・インテリア小売業・男性)

※上記はすべて個人の感想です。投資を検討される際は、ご自身でもよくお調べの上ご判断下さい。

プロパティエージェント

プロパティエージェントは、東京23区・横浜エリアに集中したマンション開発・販売により入居率99.33%(2021年4月時点)の実績を有する東証1部上場企業です。扱う物件は新築マンションと中古マンションのハイブリッドとなっています。

提携金融機関も10社以上と充実しており、物件の担保力の高さからフルローンでの融資実績が非常に豊富です。賃貸管理や確定申告サポートなどアフターフォローも充実しています。2018年に行われた投資用マンションオーナー3,000人に対して行われた調査では、3年連続で顧客満足度・第1位(アイ・エヌ・ジー・ドットコム 調べ)を獲得しています。

まとめ

30代は社会的にも若い世代であり、早いうちに不動産投資を始めれば長期的な資産形成も可能になります。不動産投資ローンの返済期間を長く設定しやすいほか、投資の知識と経験を積んでいけることも30代で不動産投資を始める大きなメリットです。

その一方で、ローンや時間などの管理については注意を要します。仕事が忙しいからと時間をかけず適当に物件を選んでしまうと、空室などによって失敗することもあるためです。

また、自宅の購入を考えている場合は、ローン利用額のバランスにも気をつけておきましょう。不動産投資は運用の手段を単体で考えるだけでなく、自身が達成したい目的と合わせて検討することが大切です。

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」