TAG SBIソーシャルレンディング

SBI証券など金融サービス全般を取り扱う総合金融グループ・SBIグループのソーシャルレンディングサービスです。担保力を重視した貸付額の設定と借手ごとの厳格な審査(たとえば、資本金5,000万円以上、直近6年間の貸し倒れ件数2件以内かつ2,000万円以内、過払い債務なし、貸金業の業歴7年以上など)を行った企業に融資を行うファンドなどを扱っています。また、投資額1万円からの運用が可能で、登録・販売・分配金の送金手数料が無料のため、初心者の投資家にも嬉しいサービスです。

【関連記事】SBIソーシャルレンディングの評判・口コミ・口座開設

投資・マネーコラム

入金手数料が無料!SBIソーシャルレンディングのクイック入金サービスとは

国内のソーシャルレンディング業界において2番手に位置し、maneoに次ぐ運用実績を誇るソーシャルレンディング事業者がSBIソーシャルレンディングです。ここでは、SBIグループの一社として投資家から支持を集めるSBIソーシャルレンディングが業界で初めて導入した「クイック入金サービス」の内容と、利用方法を見ていきます。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングとは?投資の仕組みやメリット、事業者等を解説

ソーシャルレンディングは近年注目を浴びている投資手法の一つです。ここではそのソーシャルレンディングに関する基礎的な知識として、投資前に知っておきたいソーシャルレンディングの特徴やリスクなどをお伝えしていきます。ソーシャルレンディングに興味のある方、これから投資を始めてみようと思う方はぜひ参考にしてください。

投資・マネーコラム

少額から投資をするならソーシャルレンディングがおすすめである理由

投資に興味はあるけれども、まとまったお金がない。そのために何に投資していいかわからない、という方におすすめしたい投資手法がソーシャルレンディングです。ソーシャルレンディングは少額から投資ができ、簡単な運用で地道に利益を積み重ねることができます。この記事では少額投資にソーシャルレンディングがおすすめな理由をお伝えします。

投資ニュース

SBIソーシャルレンディング、SBISL不動産バイヤーズローンファンド22号の延滞債権回収手続き終了へ

SBIソーシャルレンディングは1月24日、過去に募集した「SBISL不動産バイヤーズローンファンド22号」の延滞債権について、担保不動産の競売の結果、2億1600万円で売却見込みとなり、一連の延滞処理が完了する見通しであることを公表した。競売手続の完了をもって、SBISL不動産バイヤーズローンファンドの延滞債権の回収手続きはすべて終了する。