TAG 23区

マンション投資

不動産投資、都心マンションを複数所有するメリット・デメリットは?

不動産投資のリスク対策には、分散投資が有効な手段です。都心で複数のマンションを同時に運用するのも、分散投資に関する選択肢と言えます。しかし、都心のマンションには物件価格や利回りなどの点で特徴があるため、デメリットやリスクも把握しておかないと、期待したほどの利益が出ない結果になることがあります。この記事では、都心でマンションを複数運用するメリットや要注意のデメリットなどについて解説します。

マンション投資

東京の不動産投資、コロナ禍でも人口増加が多かった市区は?データで検証

不動産投資家の間でも、東京都内は最も人気が高いエリアです。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大とリモートワークの普及に伴い、都心からの人口流出も報道されています。東京都の統計に基づいて、新型コロナウイルスの感染拡大の前後でエリアごとの人口推移を比較します。

マンション投資

東京都心と郊外のマンション投資、どちらが得?メリット・デメリットを比較

都心と郊外どちらでマンション投資をしようかと迷う方もいるでしょう。都心は賃貸需要が高く長期的に収益が発生する可能性が高いものの、価格帯は高くなります。逆に郊外は価格帯が低く始めやすい一方で入居率が気になります。この記事では東京都心と郊外でマンション投資をする際のメリットとデメリット、目的に合った投資方法をご紹介します。

マンション投資

東京ワンルーム投資、利回りや相場は?東京開催の不動産投資セミナーも紹介

東京のワンルームマンションと一口に言っても、地域によって相場や利回りなどが大きく異なるため、安定した運用をするためにも地域ごとの違いをしっかり理解しておくことが重要です。そこで今回は、東京でワンルームマンションが人気の地域はどこか、利回りや相場といった東京のワンルームマンション投資情報についてお伝えします。

投資ニュース

高所得層がマンションを購入したいのは「港区」その理由は?不動産購入に関する調査

23区で高所得層がマンションを購入したい区は――不動産調査の有限会社エム・アール・シーは9日、年収600万円以上で首都圏に住む35〜64歳の既婚男女600人を対象にした「資産活用と不動産購入に関する調査」を発表した。年収1000万以上で都内のマンション購入意向がある人のうち、検討しているエリアの第1位は「港区」で2位の千代田区に差をつけた。

マンション投資

投資用マンションの動向を徹底調査!価格・立地・間取り・設備のトレンドは?【2018年版】

「どのような物件にすれば良いのか決められない」という方や「提案された物件が良いのか悪いのか分からない」という方もいらっしゃると思います。今回は投資用マンション選びで悩まれている方や投資用マンションの購入を検討している方向けに、入居需要が最も多い関東エリアに絞って最近の不動産需要の傾向を整理したうえで、2018年の投資用マンションの動向を入居者の視点から考えてみたいと思います。

投資・マネーコラム

投資用マンションの鉄則「駅徒歩10分以内」の落とし穴とは?

マンション投資を行う場合は、需要の高い方が安定した家賃収入を得られるため、最低でも「駅徒歩10分以内」の物件を選ぶのが一般的です。しかし、「駅徒歩10分以内」が収益が出る物件であるということは保証されていません。そこで今回は、投資用マンションの鉄板とされている「駅徒歩10分以内」を選んだ場合の落とし穴について詳しく解説していきます。

投資・マネーコラム

人気リノベーション投資物件の空間を体感できるカフェ「REISM STAND」取材レポート

投資用マンションの販売・管理・リノベーションを手がけるリズムが運営する、REISMブランドの世界観を共有できるカフェ「REISM STAND(リズムスタンド)」が、渋谷、鶯谷町にあります。今回、そのリズムスタンドが夜の時間帯限定で新コンセプト「リチャージャブル酒場」としてリニューアルオープンしました。

国内不動産投資

働く女性がターゲットの中古不動産リノベーション「REISM-koko “Rosa”」がリニューアル

リノベーション賃貸ブランド「REISM(リズム)」を展開するリズム株式会社は11月13日、都心で働く20~30代のシングル層を対象にした1Rマンション賃貸シリーズ「REISM-koko(リズム-ココ)」のフレンチカジュアルのレトロなアパルトマン風シリーズ「Rosa」のリニューアルを公表した。