TAG インプライドボラティリティ

仮想通貨コラム

機関投資家も利用するビットコイン・トレードのリスクコントロール手法とは?

1月15日現在にビットコインは約39,000米ドル(4,077,244円:ビットフライヤー)となっています。10%の値動きで4,000米ドル近くも変動するという新境地に、ベテラン投資家や暗号資産FXトレーダーでも苦戦を強いられていることでしょう。ここでは値幅が大きくなったときの投資の考え方や対応策について筆者の考えを交えながら解説したいと思います。

仮想通貨コラム

【元トレーダーが解説】暗号資産のヒストリカルボラティティの見方

暗号資産は値動きがとても激しい市場です。値動きの幅は「ボラティリティ」と呼ばれており、機関投資家やプロのトレーダーも価格分析を行う場合にボラティリティをチェックしています。今回は、過去の値動きにフォーカスした指標である「ヒストリカルボラティリティ」について解説したいと思います。

仮想通貨コラム

【元トレーダーが解説】暗号資産オプション取引の基本

暗号資産市場では、先物取引やオプション取引など伝統的なアセットクラスで機関投資家が利用してる取引環境が整ってきました。デリバティブ市場の取引量が増加して価格に影響を及ぼすようになってきており、スポット取引を利用する投資家にとっても無視できない状況となっています。ここでは暗号資産のオプション取引の覚えておくべき用語や、基本的にな取引方法を解説していきたいと思います。