髙橋大輔選手と村元哉中選手が特別審査員、スカイコート「おうちで楽しむぬり絵コンテスト」開催

マンション経営を目的としたマンションの分譲・販売事業を行うスカイコート株式会社は「みんなの笑顔企画 第二弾“おうちで楽しむぬり絵”コンテスト」を開催する。外出自粛要請の中、在宅でも元気に過ごしてもらおうという企画で、今年2年目。同社のマスコットキャラクター「スーちゃん」をテーマにしたぬり絵に、自由に色をつける、大人、子供も楽しめるコンテスト。昨年に続き、特別審査員をアイスダンスの髙橋大輔選手、村元哉中選手が務める。日本在住、小学生以上なら誰でも応募できる。応募期間は7月9日から9月3日(必着)。

ぬり絵は2種類で、彩色は自由、オリジナルの絵を付け加えてもOK。コンテスト特設ページからぬり絵データをダウンロード、印刷(サイズ指定なし)。各ぬり絵データの 2 枚目にある応募用紙とセットで提出する。応募用紙の記載事項はすべて必須。未成年の応募の場合は保護者の名前、連絡先も明記。

応募作品は特別審査員による厳正な審査と同社社員による投票結果を基に選出、審査結果は入賞者に通知、同社ホームページでも発表する。賞品は、優秀賞が作品をプリントしたクッション(大)で、髙橋選手、村元選手のサイン入り。準優賞は同仕様のクッション(中)。参加賞はスーちゃんグッズ。

作品の応募先は〒162-0067 東京都新宿区富久町 8-22スカイコート「みんなの笑顔」事務局宛。9月中旬に審査開始・入賞者決定、同月下旬審査結果発表、10 月上旬から下旬に作品展・表彰式を予定している。応募は1人につき1回まで。「ぬり絵にはリラックス効果・ストレス解消など心理的効果が期待できるとされている。夏のひとときが笑顔であふれることを願って」と同社。

スカイコート社は1969 年創業。マンション経営を目的とした不動産の分譲・販売事業を行う。19年に創業50周年を迎え、21年5月現在の分譲実績は945棟、3万4306戸を数え、オーナーはこれまで2万人を超える。グループ会社では賃貸・マンスリー事業やマンション管理事業なども手掛けて、トータルでマンション経営をサポート。17年11月から、50周年プロジェクト「D−Color」に髙橋大輔氏がトータルコーディネーターに就任、新感覚マンション「D-iberte 浅草」を分譲・完売。20年1月にはプロジェクト第2弾として、スカイコートで新たに立ち上げたリノベーション専門部署「スカイクラフトラボ」で髙橋選手と協業。21年1月に初のリノベーション物件が完成、早完した。

前回のコンテスト審査の模様:スカイコートYouTube


【関連サイト】コンテスト特設サイト
【関連サイト】スカイコート株式会社
【関連記事】スカイコート株式会社の評判・特徴

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」