スカイコート、今シーズンも髙橋大輔選手をスポンサーとしてサポート

スカイコート株式会社は15日、フィギュアスケーターの髙橋大輔選手を今シーズンもサポータとして応援すると発表した。髙橋選手は昨年現役復帰、第87回全日本選手権で準優勝を果たした。同社では今シーズンも引き続き選手サポートスポンサーとして更なる挑戦をサポートする」としている。

髙橋選手は2014年に引退を表明、ダンス留学やニュースキャスターとして活躍していた17年11月、スカイコート創立50周年プロジェクト「D−Color」にトータルコーディネーターとして参画。新感覚のマンション「D-iberte(ディベルデ)浅草」を完成させ、19年4月発売に至った。

スカイコート株式会社は1969年創業の「マンション経営」を目的とした不動産の分譲・販売事業を展開。今年8月現在の分譲実績は939棟、3万4042戸で、オーナー数は2万人を超える。

社会活動としては、スポーツを通じて知的障害のある人を応援する「スペシャルオリンピックス日本」フレンドシップスポンサーとなっている。また、プロフィギュアスケーターである同綾取締役の西田美和氏はスケート教室の講師などとして活躍しており、髙橋選手との接点となった。トータルコーディネーターとしての協業に続き、19年には髙橋選手が座長を務めた舞台「氷艶hyoen 2019〜月光かりの如く〜」にも協賛している。

「現役選手としてチャレンジすることは、自身への挑戦と、日本のフィギュアスケート界への大きな刺激であり、『一生現役』と公言する強い信念は、これから100年企業を目指すスカイコートの経営理念『夢・挑戦・そして未来へ』に通じる」(同社)としている。

フィギュアスケーターの髙橋大輔選手

【関連サイト】スカイコート株式会社のウェブサイト
【関連ページ】スカイコート株式会社の評判・口コミ

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」