「1棟 vs 区分」どちらがおすすめ?税理士・弁護士などプロが教える不動産投資セミナー5/11開催

東京・横浜の投資用マンションの販売・管理を手がける株式会社湘建が5月11日(土)にみなとみらいセンタービル(みなとみらい線みなとみらい駅4番出口直結)でマンション投資セミナーを開催する

今回は「1棟マンション投資 VS 区分所有マンション投資」をメインテーマに、不動産投資と税金の話、1棟マンション投資・区分マンション投資のトラブル事例、不動産投資の仕組みやメリット・デメリットまで幅広く学べる初心者向けの不動産投資セミナーとなっている。

セミナーは3部構成となっており、第1部の講師は税理士である篠原寛顕氏が務め、第2部は弁護士の山村暢彦が担当、第3部は湘建が不動産投資の仕組みやメリット・デメリットなどを解説。弁護士、税理士など専門家を交え、多角的な視点でマンション投資について検討・相談できる座談会形式の少人数セミナーとなっている。

    第1部「税理士からみる、一棟マンションVS区分所有マンション」税理士 篠原寛顕

  1. 不動産投資と税金(所得税・住民税・相続税・社会保険料)
  2. 不動産所得の計算と確定申告(不動産所得の計算方法・申告)
  3. 不動産投資と相続税(相続があった場合の金額計算)
    第2部「弁護士からみる、一棟マンションVS区分所有マンション」弁護士 山村暢彦

  1. 1棟マンション投資のトラブル事例(利回り改善のために、大規模リフォームを試みたが・・・)
  2. 区分マンション投資のトラブル事例(注目すべきは建物だけじゃない?!設備、隣人、隣地トラブル)
  3. 法律面からみたメリット、デメリット(「完璧」な不動産はない!?)
    第3部「投資不動産の概要」株式会社湘建

  1. 投資不動産の仕組み
  2. 投資不動産のメリット・デメリット
  3. 湘建のサポート制度

これまでのセミナー参加者は、4割が投資未経験層となっており、セミナー参加者へのアンケート結果では95%が「機会があればまた参加したい」「参加して良かった」と回答。参加者の満足度が非常に高い。

セミナーの内容について、参加者からは「初心者の私でもわかりやすく、国家資格を持った外部の先生が教えてくれるという中立性に好感が持てた」「他社のセミナーでは聞けない専門的な内容が非常に勉強になった」などの声が上がっており、中立性と内容の濃さが好評の要因となっている。

セミナー後には、希望者はライフプランの相談や資産設計、現在購入可能な物件や具体的なシミュレーション、ローンの融資枠などについて確認することも可能となっている。また、セミナーの参加日程が合わないという場合には、セミナーの申し込みページの日程欄から無料個別相談を選択することも可能だ。

また、今回の参加者特典として弁護士の緊急相談カード、税理士の無料相談などを利用することもできる。

講師プロフィール

湘建セミナー講師・山村 暢彦弁護士 山村 暢彦
中央大学法務研究科 卒業

実家の借家経営などを通じ、「身近に存在する不動産トラブルを解決したい!」との思いから弁護士を目指し、不動産法務に注力し、専門性を有する。不動産会社、リフォーム会社等の不動産業の多数の顧問弁護士を務める。
実務経験を積む中で、法律問題は、病気と違って「気付かない」ことが多いとの想いから、情報発信にも注力し、FMラジオ出演、セミナー講師等多数経験。

講師プロフィール

税理士 篠原 寛顕

大学卒業後、システムエンジニア、上場企業グループ会社の財務部門に勤務した後に神奈川県及び都内の税理士法人等に約10年間勤務。日々の業務を通じて、「ご相談者様の悩みをもっと親身にきめ細かく丁寧に解決したい。」という思いが強くなり2018年1月に生まれ育った神奈川県横浜市で独立開業。
対応業務は法人の税務顧問から個人事業、相続税の申告など幅広く対応。特に所得税・相続税といった個人の方からの税務相談が得意分野。
現在は税理士事務所の経営と併せて、税理士試験の専門学校で講師として将来税理士を目指す受講生達の指導にあたっている。

セミナー主催企業

株式会社湘建セミナーを主催する株式会社湘建は、東京・横浜の駅徒歩8分以内という好立地のワンルームマンションを手がける不動産投資会社。物件価格は2,000万円~2,500万円が多く他社と比べて購入しやすい価格帯で、融資についても優遇金利1%台前半から、85%が頭金10万円以内でスタートしているといった特徴があり、入居率も99.62%(2019年2月時点)となっている。

また、購入後の賃貸管理については、わずらわしい交渉事やクレーム対応などを全て湘建が代行しており、原状回復費用や設備トラブルの保証なども充実している点がオーナーから高く評価されている。特に、設備トラブル保証は築35年までの設備メンテンナンスコストを保証してくれるというもので、エアコン・給湯器・照明器具・換気扇など一般的な設備をカバーしており、期間中は何度でも保証を受けることが可能な点が好評だ。

セミナー概要

【セミナー情報ページ】株式会社湘建のセミナー詳細を見る
【関連ページ】湘建の評判・口コミ

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」