SBIVC、6月28日にビットコインキャッシュの取り扱いを廃止へ

SBIホールディングス完全子会社のSBIバーチャル・カレンシーズ株式会社は4月22日、6月28日午前6時をもってビットコインキャッシュの取り扱いを廃止することを発表した。また、2018年11月時点でビットコインキャッシュ保有者が保有する権利を付与されたビットコインキャッシュ・サトシヴィジョン(BSV)についても、1BSVあたり6,180円換算でVCTRADE内の口座に日本円で入金を行う。

取り扱い廃止に伴い、ユーザーはビットコインキャッシュを売却するか出金(出庫)する必要がある。売却を進める場合には、VCTRADEは4月23日午前7時から売却注文の受付を開始しており、6月28日午前6時まで受け付けを行うという。

出金を行う場合には、SBIバーチャル・カレンシーズが指定するハードウェアウォレットCool X Walletのみに限られる。出金の受付は5月17日午前7時から6月28日午前5時50分までとなっている。従来の仮想通貨取引所では出金先に指定などがなかったため、受付期間とあわせて注意が必要だ。

【関連記事】VCTRADE(VCトレード)の口コミ・評判・口座開設
【関連記事】SBIVC、ビットコインキャッシュの取り扱い廃止を発表

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」