SBIVC、ビットコインキャッシュの取り扱い廃止を発表

SBIホールディングス完全子会社のSBI VCトレード株式会社は4月16日、6月下旬をもってビットコインキャッシュの取り扱い廃止を発表した。

SBI VCトレードによると、ビットコインキャッシュの時価総額が大幅に減少したこと、それにより51%攻撃の危険性が高まったこと、さらなるハードフォークにより価格下落の可能性が否定できないこと、の3点を受け、ビットコインキャッシュの取り扱い廃止を決定したという。

同社で取り扱うビットコインキャッシュについては、4月下旬を目処にユーザーによるビットコインキャッシュ売却取引の再開と、5月下旬を目安にCool X Walletへの出庫(出金)を開始することで対応を進めていく予定だ。取り扱い廃止日までに売却および出庫が行われなかったビットコインキャッシュについては、「適正価格で売却のうえ、金銭(日本円)にてお客さまに交付する」としている。

また、取り扱い廃止のスケジュールに併せて、2018年11月のビットコインキャッシュ・サトシヴィジョンの日本円による交付も進めていくことが発表されている。換金レートや支払日は4月下旬を目処に発表されるため、同取引所でビットコインキャッシュを保有するユーザーは注意が必要だ。

【関連記事】SBI VCトレード(VCTRADE)の口コミ・評判・口座開設

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。