Tポイントで株が買える、SBIネオモバイル証券「ネオモバ」開始

株式会社SBIネオモバイル証券は4月10日、「Tポイント」を使って1ポイント=1円相当で国内株式の購入が可能なサービス「ネオモバ」を開始した。生活に身近なTポイントとスマートフォンの組み合わせで若年層・投資初心者をターゲットとする。

同社は株式会社SBI証券(同)とCCCマーケティング株式会社(東京都渋谷区)との合弁会社として2018年10月に設立、第一種金融商品取引業者としての登録を受けサービス開始に至った。ネット証券ナンバーワンの口座数、預り資産、株式委託売買代金を誇るSBI証券で培ったノウハウと、日本最大の共通ポイントサービスであるTポイントのデータをもとにマーケティング事業を展開するCCCマーケティングのノウハウを活かす。

ネオモバでは年間6888万人が利用するTポイントを使い、1ポイント=1円相当で国内株式の購入が可能。国内株式は通常100株単位で取引されるが、ネオモバでは1株単位で購入できるため、より少額で取り引きができる。親しみやすいデザインや新しい角度からの銘柄レコメンドなど、若年層・投資初心者が資産形成の第一歩を踏み出しやすいよう配慮した。特に、投資初心者が保有するTポイントだけで国内株式を購入することを想定し、指定金額内で発注する注文方法も用意している。

料金体系はサブスクリプションモデルを採用。従来の株式取引では1回の取引毎に手数料がかかることが一般的だが、ネオモバでは月間の売買代金50万円まで月額200円(税抜)で何度でも取引可能。さらに、毎月の期間固定Tポイント200ポイントの付与に加え、サービス利用料100円(税抜)につきTポイント1ポイントを付与する。

さらに、ウェルスナビ株式会社が提供するロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」を同サービス用にカスタマイズした「WealthNavi for ネオモバ」を提供。客観的で透明性の高いアルゴリズムに基づき、資産運用の全プロセスを自動化。目標金額を設定し、リスク許容度を計る6つの質問に答えるだけで、顧客に合った資産の組み合わせ(ポートフォリオ)の構築をサポートしてくれる。また、WealthNaviとして初めて最低投資金額を1万円に設定している。自動積立も5000円から設定可能で、若年層や投資初心者にも始めやすい金額設定とした。「株式投資をより身近なものとし、個人投資家の裾野を広げることができる」(SBIネオモバイル証券)。初心者向けの投資サービスが次々開発される中でも手厚い内容といえるだろう。

新興の決済サービスが台頭する中で、TポイントはファミリーマートがTポイントの運営会社の株式をCCCに譲渡する動きもあり、独走状態が減速するとの見方もある。株式投資の分野で挽回を果たすか、注目される。

【関連サイト】SBIネオモバイル証券

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザー・少額株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザー・少額株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザー・少額株式投資チームは、ロボアドバイザーや少額株式投資に関する知識が豊富なメンバーがロボアドバイザーの基礎知識から少額投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」