不動産投資型クラウドファンディング 「Rimple(リンプル)」累計登録ユーザー3万人突破

プロパティエージェント株式会社は4月10日、不動産投資型クラウドファンディングサービス「Rimple(リンプル)」の累計登録ユーザーが、サイトオープンから約二ヶ月で3万人を突破したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で不透明な経済環境でユーザー数を伸ばしていることについて、同社は「Rimpleの商品性と、安定収益をもたらす投資商品としての認知度拡大を背景に、評価をいただいた」と受け止めている。

Rimpleは今年2月5日にサービスサイトをオープン、オープンから25日で累計登録ユーザー1万人を突破した。また、3月18日に募集を開始した初回ファンド「Rimple’s Selection#1」は、募集金額2520万円(出資総額3600万円のうち優先出資70%分)に対して1640%の大幅超過となる4億1339万円の応募があった。

先行き不透明な経済環境だが、「より多くの人手軽に安心して不動産投資を行えるよう、東京都心のマンション投資に強い当社が厳選した、安全性、信頼性に優れた優良物件を用意していく」(同社)予定だ。

なお、Rimple’s Selection#1の落選者を対象とした「次回もWelcome!!キャンペーン」で、キャンペーン対象者のみ応募できるシークレットファンドが4月13日午後1時から「ファンド一覧」で限定公開される。申し込み期間は4月15日午後6時から17日午後6時。予定分配率は年利8.0%。

【関連サイト】リンプル(Rimple)
【関連記事】リンプル(Rimple)の評判・口コミ
【関連記事】リンプル(Rimple)の概要・運営会社

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」