1口1万円・予定配分率8%・28日21時まで、GAテクノロジーズがRenosyキャピタル重視型第2号ファンド募集

株式会社 GA technologies(以下、GAテクノロジーズ)が運営するAIを活用した中古不動産流通ポータルサービス「Renosy(リノシー)」のクラウドファンディングサービスが「Renosyキャピタル重視型第2号ファンド」の募集を抽選式で8月23日の18時より開始する。

募集金額は16,800,000円。当該ファンドは1⼝1万円から、100⼝までの範囲で出資を募集する。今回の案件では、大井町駅から徒歩5分に位置する東京都品川区の鉄筋コンクリート造のワンルーム物件の投資・運⽤が行われる。分配⾦の原資は⼊居者からの賃料収⼊と物件の売却により得られた売却益だ。抽選結果は9月3日(月)までに応募者に通知される。

ファンド概要

募集方式 抽選式
募集期間 2018年8月23日18時~2018年8月28日21時
募集金額 1,680万円
一口出資金額 1万円
募集口数 1,680口
予定配分比率 8.0%
運用期間 3ヶ月

Renosyのクラウドファンディングサービスは、申し込みから契約、配当金の受け取りまで、オンラインで完結できるサービスだ。電子取引ができるうえ、運用期間は最短3か月から、投資資金も一口1万円からと、不動産を通じた資金運用を短期かつ少額から可能としているのが特徴だ。

Renosyのクラウドファンディングでは、GAテクノロジーズが販売した実績がある大都市圏の中古マンションを投資対象とし、優先・劣後形式の匿名組合型のファンドを組成する。出資者(優先出資者)から募った資金とGAテクノロジーズ(劣後出資者)からの出資金を元に中古マンションを取得し、一定期間の運用後、その売却益と運用益を出資者に配分する仕組みだ。

この優先・劣後形式のファンドは、万が一、運用期間中に空室により賃料収益が見込めなくなった場合も、まず劣後出資者であるGAテクノロジーズが負担するため、出資者(優先出資者)の投資リスクを軽減する仕組みとなっている。また、不動産特定共同事業法に基づいたクラウドファンディングのため、出資者は出資金で購入された物件情報をサイト上で確認でき、貸付型クラウドファンディングに比べ透明性の高いサービスとなっている。同サービスの手数料は無料、年利は3~8%(予定)、想定運用期間は3か月から6か月となっている。

【関連ページ】GAテクノロジーズ(Renosy)の評判・口コミ・資料請求
【サービスサイト】Renosyのクラウドファンディングサービス

※画像はマンションのイメージ
※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」