お金のデザイン、NTTドコモ、SMBC日興証券が協業を検討。「長期・分散・積立」の資産運用サービスを拡充

ロボアドバイザーサービス「THEO(テオ)」を運営する株式会社お金のデザインは7月12日、株式会社NTTドコモ、SMBC日興証券株式会社と、資産運用サービス拡充に向けた協業を検討することで合意したと発表した。

3社はこれまでも「ポイント投資」や「THEO+ docomo」「日興フロッギー+ docomo」などのサービスを提供、NTTドコモの顧客基盤や金融決済サービスを提供してきた。SMBC日興証券の大手総合証券企業としての安心感や豊富な商品・サービス、お金のデザインの先進的な資産運用業務プラットフォームなど、競争力の高い各社のビジネス基盤や知見を組み合わせ、今後は既存サービスの利便性向上に加え、「長期・分散・積立」運用を軸に、 顧客のライフステージや社会環境の変化にあわせた資産運用サービスを提供、「新しい価値の協創を目指す」としている。合意契約は7月9日付。

今後拡充予定の資産運用サービスとして①若年層・投資未経験層が資産運用を始めやすい環境の整備②顧客のライフステージや社会環境の変化に合わせた資産運用サービスの拡充を掲げる。若年層・投資未経験層が資産運用を始めやすい環境の整備として、 THEO+ docomoや日興フロッギー+ docomoにおける利便性向上、「dポイント」や「dカード」など、 ドコモの決済サービスを活用した積立投資の提供に向けた検討、iDeCo(個人型確定拠出年金)など税制優遇制度への対応を進める。

ライフステージや社会環境の変化に合わせた資産運用サービスの拡充では、顧客の保有金融資産全体(3社で提供している金融サービスに限る)を対象とするアセットアロケーションの提案、各社が提供するサービスを相互連携し、顧客の保有財産を考慮した 一人ひとりのニーズに応じたカスタム資産運用サービスの提供を目指す。また、これまでのデジタルサービスの利便性を備えつつ、多様なニーズに応えるきめ細やかな提案を実現するため、SMBC日興証券の対面サービスとの連携を強化する。さらに、THEO+ docomoの投資対象ETFの銘柄を追加することにより、社会課題の解決に参加できる仕組みを提供していく。

なお、SMBC日興証券はお金のデザインとの会社分割(吸収分割)を決定しており(1月19日発表)、8月1日を効力発生日とし、お金のデザインが行う第一種金融商品取引業にかかる顧客の証券口座および証券口座に関する権利義務(17万口座および972億円、2021年6月末時点)を承継する。吸収分割にあたり、SMBC日興証券はお金のデザインの発行済株式を取得する。保有比率は2.88%。同社にもNTTドコモが保有する株式と同数を保有することになり、今後は3社でより強固な提携関係を結び、シナジーを高めたいとしている。

合意契約の締結を記念して「THEO+ docomo開始で もれなくdポイント最大3,000pt進呈キャンペーン」を実施する。7月1日から10月31日のキャンペーン期間中にエントリーし、新たにTHEO+ docomoで運用および積立を開始すると、もれなくdポイントを最大3000ポイント(期間・用途限定)プレゼントする。特典分のポイントは22年1月末頃の進呈を予定している。

【関連サイト】THEO+ docomo キャンペーンサイト
【関連サイト】SMBC日興証券
【関連記事】THEO+ docomoの評判・口コミ
【関連記事】SMBC日興証券の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチームは、ロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが投資の基礎知識からロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」