スターツ証券とマネックスAM、投資一任運用サービス「スターツ証券ファンドラップON COMPASS+」提供開始

スターツ証券株式会社とマネックス・アセットマネジメント株式会社は7月1日から投資一任運用サービス「スターツ証券ファンドラップON COMPASS+(オンコンパスプラス)」の提供を開始した。デジタルと対面の長所を取り入れ、顧客一人ひとりのニーズに合わせた資産運用を行う。スターツ証券の主要顧客である不動産オーナーを中心に、不動産経営や事業承継に関する資金の運用など、状況に合わせて資産運用プランを提案、資産形成に寄与していく。

多様化する顧客の資産運用に関する目的・意向に、一人ひとりに適した資産運用計画の提案力を強化。ライフプランに合わせて、多様なスタイルの資産計画を行うことができ、資産形成世代から退職世代まで幅広い層に対応する。

資産運用計画のコンサルティングは、マネックスAMが提供するコンサルティングツールを活用してスターツ証券の営業員が行い、対面により顧客の不安や悩みに応える形式。運用開始後も、スターツ証券の営業員によるアフターフォローを行い、資産運用をサポートする。

資産計画を立てた後は、マネックスAMが運用を行う。専用の投資信託を通して国内外のETF(上場投資信託)に投資を行い、実質的に世界120ケ国の株式、債券など、約6万2000銘柄に分散投資をすることで、リスクを抑えた安定運用を目指します。売買の手間がかからず、日々のメンテナンスは一切不要。

手数料は預かり資産残高の1.6575%(年率・税込)程度。最終投資対象のETFの経費0.2%程度(概算)を含んだ費用。申込、解約、変更に手数料はかからない。「運用管理のプロセスや顧客専用マイページを通じたコミュニケーションなどにデジタルの力を活用することで、高い利便性と低水準の手数料を実現した」としている。

なお、オンライン完結型の「ON COMPASS(オンコンパス)」も、9月にスターツ証券での取り扱いを予定している。

【関連サイト】ON COMPASS
【関連記事】ON COMPASSの評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチームは、ロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが投資の基礎知識からロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」