恋愛コミュニケーションゲームでNFT市場を開拓。ゲーム開発ベンチャーがFUNDINNOで資金調達

〈累計14万DL突破〉仮想世界のコミュニティを実現するメタバースサービス。Web3.0を加速させる次世代恋愛アバターゲーム「恋するコーデ ペアリウム」

株式投資型クラウドファンディング(CF)サービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で7月8日、新規案件「〈累計14万DL突破〉仮想世界のコミュニティを実現するメタバースサービス。Web3.0を加速させる次世代恋愛アバターゲーム『恋するコーデ ペアリウム』」が公開された。株式発行者は株式会社GOT、「恋するコーデ ぺアリウム」を運営するゲーム開発会社。目標募集額1300万円、上限応募額5200万円で、申込期間は7月19日~23日。投資金額は1口10万円、1人5口まで。

同社が手がける「恋するコーデ ぺアリウム」は、恋愛ゲームとアバターゲームを融合したコミュニケ―ションゲーム。ユーザーが自分のアバターを作成し、着せ替えや他のユーザーとのコミュニケーション、さらに「結婚」、「出産」というイベントを仮想空間で楽しめるという内容。2021年10月のリリース以来、20代後半〜40代の女性を主要ターゲットとし、22年6月時点の累計では14万ダウンロードを突破し、デイリーで約3000ユーザーを確保している。また、カップルは異性とだけではなく同性同士も含めて累計約6万人誕生しているという。

恋するコーデ ぺアリウム

ゲーム内課金のユーザーは、22年6月時点で6000人を超え、アバターの着せ替えやパートナーへのプレゼントなどを使途として、全ユーザーに占める月間課金率は22年5月時点で約15%。また、課金しているユーザー1人あたり課金額は平均毎月7000円(税込)を超えるなど、ユーザーをつかんでいる。

同社は、同一ジャンルに特化して開発と運営を兼ねてきた経験を生かし、今後同ゲームをWeb3.0に適応したバージョンへのアップデートを目指し、「ゲーム×メタバース×AI×NFT」を目標の形態としている。

具体的には、メタバースの特徴である没入感をゲームの3D化などで深め、AI実装でカップル率を高めることでユーザーの定着や課金率を向上させる。さらに、ゲーム内の各種アバターをオーダーメイドで用意できる権利のNFT化を企画。「Web3.0の時代ならではの多角的なシナジーが生まれるマーケットを作り、人の交流と商取引を活発化させ、事業の安定化とスケール化を図っていきたい」と語る。

今年度からゲーム×メタバース×AI×NFTを段階的に実装、29年には累計MAU(月次プレイユーザー数)約6万人を計画する。株主優待として、記念アバターアイテム入手権利NFTの贈呈、と、同社のプロダクト内課金の優待価格での特別販売を行う。

【関連サイト】株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」
【関連ページ】FUNDINNO(ファンディーノ)の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」