不動産投資CF「コヅチ」、新規案件は東京・八丁堀の開発用地。想定利回り6%

LAETOLI株式会社は、不動産クラウドファンディング(CF)サービス「COZUCHI(コヅチ)」で10月14日から新規プロジェクト「中央区八丁堀開発用地」の募集を開始する。募集金額は1億1700万円、想定利回り年利6%(インカムゲイン0.1%、キャピタルゲイン5.9%)のキャピタルゲイン重視型。募集は抽選で行い、締め切りは18日、運用期間は10月 29日から2022年10月28日までの12ヶ月の予定。最小投資金額1万円、最大投資金額1170万円。最終配当・償還非は22年11月27日を予定している。

同プロジェクトは、東京都中央区湊に所在する古家付き開発用地を投資対象とする。85.48㎡の土地に、1973年竣工の木造瓦葺の2階建ての店舗兼居宅が建つ。東京メトロ日比谷線「八丁堀」駅から徒歩7分の距離。現売主が転居のため売却することとなったが、権利関係が複雑なため買手がつかず、割安な価格となっていたことから開発用地として案件化した。

同社によると、物件は親族である2人が所有しており、1人が土地の100%と建物の約50%を、1人が建物の約50%を所有していた。建物の約50%を所有していた人物はいわゆる使用貸借契約により土地を利用し所有する建物に居住していたが、昨年死去。法定相続人へ所有する建物の相続が発生するが、使用貸借契約は相続の対象とはならないため消滅することになる。これにより、法定相続人に相続される建物は取り壊して更地として返却する義務が生じているが、関係者の高齢やコロナ禍の影響などで進捗していなかった。

権利関係は複雑だが、事業者であるTRIAD社は法的な措置は可能とする弁護士の見解を得ており、物件を取得後に更地化し 、開発用地として売却することが可能と判断し取得した。21年9月30日付で売買契約が締結されており、10月29日までの別途定める日にTRIAD社が引渡しを受け、所有権を移転する予定。

仮に訴訟となった場合、ファンド運用期間中に同物件の売却が出来なくなる、または同ファンドの運用継続そのものが困難になることが想定される。このため、訴訟となった場合は、約款の定めに従い同ファンドの1号事業者であるTRIAD社が、投資家の優先出資を買い戻しすることを予定している。優先劣後出資比率は、優先82.4%、劣後17.6%。

八丁堀は大型のタワーマンションやワンルームマンションなど開発が盛んに行われているエリア。コヅチでは、キャピタルゲインを一定の分配方針に基づいて上限なしに配当する方針で、同プロジェクトでは、キャピタルゲインの25%を優先出資者である投資家に割り当て配当を行う。ただし、運用期間中に対象物件の売却が行われない場合には、インカムゲインのみの想定利回り0.1%を上限に配当を実施する。

【関連サイト】COZUCHI
【関連記事】COZUCHIの評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」