「ちょこっと不動産」サービス開始1周年記念ファンドを3月募集開始

株式会社良栄は、不動産クラウドファンディング(CF)「ちょこっと不動産」のサービス開始1周年記念として、予定分配率を引き上げたファンド「ちょこっと不動産8号 江東区大島」「ちょこっと不動産9号 杉並区下高井戸」を2本同時にリリースした。両ファンドともに借地権付新築分譲住宅を投資対象とし、旧法借地権を取得後に戸建住宅を新築して売却、売却益を原資として分配するキャピタル型。優先劣後方式(優先65%:劣後35%)を採用し安全性に配慮している。

募集金額は、ちょこっと不動産8号江東区大島は2480万円、ちょこっと不動産9号杉並区下高井戸は2700万円。いずれも募集方式は先着順、募集期間は3月8日~18日。運用期間は8号が4月1日~7月31日の4ヶ月、9号が4月1日~9月30日までの6ヶ月。予定分配率(年率・税引前)は8号が6%、9号が7%。旧法借地権を取得後に同社の戸建ブランド「Buena Town-ブエナタウン」を新築して売却。償還時一括で分配する予定だ。

ちょこっと不動産は、不動産特定共同事業法に基づく不動産CFで21年3月にスタート。専門的な知識や多額の資金が必要など、ハードルが高いイメージのある不動産投資を、オンラインで手軽に始められる。少額から投資可能、オンラインで各種手続きの手間を省き、運用は同社に一任。初心者でも始めやすい一方で、優先劣後方式でリスクを低減、マスターリース契約で安定した賃貸収入を確保(対象不動産が賃貸不動産の場合)している。

【関連サイト】ちょこっと不動産
【関連記事】ちょこっと不動産のメリット・デメリット

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」