ビヨンドボーダーズ、東南アジアの物件売却仲介サービス開始

海外不動産検索ポータルサイト「セカイプロパティ」を運営する株式会社ビヨンドボーダーズ(以下、ビヨンドボーダーズ)は、東南アジアの不動産所有者を対象とした不動産売却専門エージェントサービスを開始した。

ビヨンドボーダーズは、言語の壁や現地ネットワークがないことを理由として現地人や海外顧客を見つけにくいマレーシアやタイ、フィリピンなどの東南アジアの物件オーナーを対象として物件の売却をワンストップで支援する。

物件売却の際は、ビヨンドボーダーズが独自に構築した東南アジア合計1,600社、10,000名以上のローカル不動産エージェントのネットワークを利用し、現地人だけでなく周辺国の富裕層に対して物件をアピールすることができる。同社はローカルの不動産会社との提携数に強みがあり、特にマレーシアでは560社以上のエージェントと提携している。

ビヨンドボーダーズの東南アジアの物件売却仲介サービス

実際のサービスの流れは、問い合わせ後に物件の査定が行われ、当該物件を東南アジア各国の不動産会社に対し案内した後、興味を示した顧客に内覧させるという流れだ。

売却やローン完済の手続きも日本語で行われるため、言語に不安がある方にとって心強い存在となりそうだ。興味がある東南アジアの物件オーナーの方はサービス利用を検討してみてはいかがだろうか。

【相談ページ】海外不動産の比較相談

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」