Yahoo!不動産(ヤフー不動産)の評判・口コミは?メリットや注意点、申込み手順も

Yahoo!不動産は、国内最大級のメディア「Yahoo! JAPAN」が運営する、不動産情報のポータルサイトです。Yahoo!不動産は物件情報の提供だけでなく、不動産の所有者向けのサービスとして、複数の不動産会社へ無料査定を依頼できる「不動産一括査定」のサービスも提供しています。

不動産を売却するにあたり、不動産査定は価格設定や売却戦略などに大きな影響を与えるため、「どこに依頼するか」「どのように査定を行うか」などのポイントが重要になってきます。

そこで今回のコラムでは、Yahoo!不動産で利用できる売却査定のメリットとデメリット、評判・口コミなどのほか、申し込み手順も解説していきます。

目次

  1. Yahoo!不動産の特徴
    1-1.月間約530万人のユーザーがいる大手不動産ポータルサイト
    1-2.幅広くかつ特徴的なサービス展開
  2. Yahoo!不動産で売却査定を依頼するメリット
    2-1.査定依頼をする不動産会社を比較しやすい
    2-2.Yahoo JAPAN IDで手軽に登録が可能
    2-3.売却する不動産周辺の相場を調べることができる
  3. Yahoo!不動産で売却査定を依頼する注意点・デメリット
    3-1.同時に査定依頼ができる不動産会社の数は4社まで
    3-2.公開されている情報が少ない
    3-3.Yahoo! サービス上にフォームが設置されているためネット広告が表示される
  4. Yahoo!不動産の評判・口コミ
  5. Yahoo!不動産で査定を申し込む手順
  6. まとめ

1 Yahoo!不動産の特徴

Yahoo!不動産Yahoo!不動産は、複数の不動産会社へ無料査定が依頼できる不動産一括査定サービスの一つです。Yahoo! JAPANグループが提供している100以上のサービスのうちの1つで、手軽に不動産査定の結果を比較することができます。

不動産査定は、査定を行う不動産会社によって査定価格が大きく変わることがあります。そのため、複数社に依頼して査定価格や担当者の販売力などを比較し、より条件の良い売却に繋がるよう工夫することが大切です。

Yahoo!不動産は、複数の不動産会社へ問い合わせたり、不動産会社を探す手間を省けるメリットがあります。その他、Yahoo!不動産の特徴を詳しく見て行きましょう。

1-1.月間約530万人のユーザーがいる大手不動産ポータルサイト

Yahoo! JAPANからYahoo!不動産に訪れる人は月間で約530万人にもおよんでいます(Yahoo! JAPAN調べ、2021年1月時点の日ごとの訪問者数の積み上げ数より)。

また「ニフティ不動産」や「スマイティ」などの複数の提携サイトと物件情報を連動させており、複数の集客ルートを持っているのも特徴です。

キャンペーンやキャッシュバックなどの企画を定期的に開催しているのも特徴で、通年を通して実施しているPayPayポイントがもらえる成約プレゼントなどがあります。

こうした手厚いサービスなどにより、株式会社レアソンが2020年8月に行った「不動産ポータルサイト利用者調査」(1,285サンプル)では、総合的な満足度の評価において「非常に満足」「かなり満足」の回答割合で第1位を獲得しています。

1-2.幅広くかつ特徴的なサービス展開

Yahoo!不動産のサービスは、「賃貸」のほか、「売買」では「新築マンション」「中古マンション」「新築一戸建て」「中古一戸建て」「注文住宅」「土地」と幅広いジャンルを設けて情報を提供しています。

掲載されている物件数は、2022年9月7日時点で賃貸が6,928,024件、新築マンションが1,315件、中古マンションが50,661件、土地が26,179件などとなっています。

また、全国のマンションについて「募集中物件」などを表示する「マンションカタログ」というサービスがあります。マンションの売却を検討する際に、同じマンションの売出情報や、競合となりうる近隣のマンションが販売されているかどうかなどの調査にも役立てることが可能です。

ユーザーによる評価コメントもあり、所有するマンションがどのように評価されているかも知ることができます。2022年9月7日時点では、全国2,285,195棟のマンションについて情報が提供されています。

2.Yahoo!不動産で売却査定を依頼するメリット

2-1.査定依頼をする不動産会社を比較しやすい

Yahoo!不動産の売却査定の大きな特徴は、ユーザーの使い方を考慮した表示方法を採用したり、機能を持っていることです。

例えば、査定できる動産会社の情報内に「物件掲載数」「仲介実績:売却◯件、購入◯件」という項目があります。実績が分かりやすく、不動産会社を選ぶ際に参考にすることができます。

また、東京23区内など不動産会社が集中する地域では、査定ができる不動産会社として表示される数が50社や100社などとなることもあります。こうした場合、1件1件の不動産会社の情報を調べるのは大変ですが、Yahoo!不動産では効率よく不動産会社選びができるように、条件を指定して検索をすることができます。

Yahoo!不動産で検索できる項目

  • 19時以降営業
  • 駅徒歩5分以内
  • 定休日なし
  • 駐車場あり
  • 任意売却受付可
  • リフォーム相談可
  • インスペクション相談可
  • 買取保証制度採用

不動産会社が数多く表示されたときも、このような条件によって選択することができるため、優先度をつけて不動産会社を選ぶことができます。また表示の並び替えも下記のような項目でできます。

Yahoo!不動産で検索できる並び順の変更

  • おすすめ順
  • 購入希望者が多い順
  • 仲介実績が多い順
  • 同じエリアの会社優先
  • 駅から近い順

こうした機能がYahoo!不動産には搭載されているため、より効率的に査定を依頼する不動産会社を選ぶことができるのです。

2-2.Yahoo! JAPAN IDで手軽に登録が可能

物件情報や利用者の情報を入力する際、Yahoo! JAPAN IDでログインすると、利用者情報の入力を省くことが可能です。

より手軽に査定依頼ができ、また「ご検討状況やその他のご希望を入力してください。」という項目では、「簡易査定価格を知りたい」「訪問査定を依頼したい」「その他」から選ぶようになっています。

「とりあえず簡易査定の価格を知りたい」場合や、「訪問査定に来てもらいたい」といったどちらのケースでも、依頼する時点で不動産会社に伝えることができます。

2-3.売却する不動産周辺の相場を調べることができる

査定できる不動産会社が表示される際、同時にYahoo!不動産に掲載されている同じ住所内の物件の平均価格が表示されるのも特徴的です。

あわせて「築年数」「間取り」「専有面積」を入力すると、周辺地域の平均価格が分かるため、相場を把握するのにも役立ちます。

相場よりも高すぎる査定金額を提示された際は、査定の根拠や理由について詳しく確認されてみると良いでしょう。

3.Yahoo!不動産で売却査定を依頼する注意点・デメリット

3-1.同時に査定依頼ができる不動産会社の数は4社まで

Yahoo!不動産の売却査定では、同時に査定依頼ができる不動産会社の数は4社までとなっています。出来るだけ多くの会社に依頼したい方にとってはデメリットと言えるでしょう。

なお、不動産一括査定は査定依頼は手軽に行うことができますが、あまり多くの会社へ依頼しすぎるとその対応に追われることがあります。どの会社へ依頼するのか、登録時にしっかり検討するのも後の売却活動をスムーズに行うコツと言えます。

3-2.公開されている情報が少ない

Yahoo!不動産では、売却査定に関して公表されている情報が少なく、参加している不動産会社の数は公表されていません。どのような不動産会社に査定を依頼できるのか、確認する必要がある点はデメリットと言えます。

なお、Yahoo!不動産はユーザー登録前でも、どのような会社へ依頼できるか大まかなエリア入力のみで確認することが可能です。不安を感じる方は、Yahoo!不動産の査定ページでどのような不動産会社へ依頼できるのかチェックしてみるのも良いでしょう。

3-3.Yahoo! サービス上にフォームが設置されているためネット広告が表示される

Yahoo!不動産はYahoo!のウェブサイト上にサービスが展開されているため、Yahoo!のサイトデザインをそのまま利用されています。そのため、通常ネット広告が表示されている箇所については、Yahoo!不動産でも広告が表示されることになります。

4 Yahoo!不動産の評判・口コミ

Yahoo!不動産の売却査定について特徴や手順、メリットとデメリットを把握したところで、どのような評判があるのか、口コミを見てみましょう。

ポジティブな評判・口コミ

  • 「マイホームを売ろうと決めたとき、一括査定の存在を友人から教えてもらいました。サイトを調べてみたところ、聞いたことのないサイト名ばかりでしたが、唯一知っていたのがYahoo!不動産でした。」
  • 「相続した家を売ることになり、知名度があるし、携帯電話も利用しているので、Yahoo!不動産の査定を利用することにしました。」
  • 「賃貸でも利用していたYahoo!不動産で、査定を依頼しました。何度も見ているサイトデザインだし、利用しやすかった。」

ネガティブな評判・口コミや改善を求める声

  • 「ところどころに広告が表示されるのが気になった。」
  • 「運営会社自体が掲載している不動産会社の審査を行っているのか分からなかった。」
  • 「Yahoo! JAPANのプレミアム会員なので査定を依頼してみましたが、会員ならではの特典があるとさらにいいなと思いました。」

※上記はすべて個人の感想です。売却査定を検討される際は、ご自身でもよくお調べの上ご判断下さい。

ポジティブな評判・口コミとしては、Yahoo! サービスの知名度の高さや慣れ親しんだサイトデザインであったことなどが要因となった声が見られました。その他、Yahoo!不動産の賃貸サービスを利用していた方や、ワイモバイル(Y!mobile)を利用していたなど、すでにYahoo!ユーザーであった方からポジティブな印象の口コミが聞かれます。

一方、ネガティブな評判としては、広告表示が気になったという声や提携不動産会社の情報が少ないことに不安を感じていたという声も見られました。

5.Yahoo!不動産で査定を申し込む手順

Yahoo!不動産の売却査定を用いて、不動産の査定を依頼する場合は下記のような手順で行います。

  1. Yahoo!不動産の「売却査定ページ」にアクセスする
  2. 「売却査定」ページから「都道府県」「市町村」「物件種別」を選ぶ
  3. 査定を依頼できる不動産会社が表示される
  4. 依頼する不動産会社にチェックを入れる
  5. 「チェックした不動産会社にまとめて査定を依頼する」ボタンを押す
  6. 物件の情報や利用者の情報を入力する
  7. 「確認へ進む」ボタンを押す

これで入力が完了し、選択した不動産会社に情報が送信され、不動産会社との取引が開始することになります。

まとめ

Yahoo! JAPANが運営する「Yahoo!不動産の売却査定」について紹介しました。Yahoo! JAPANは、幅広いサービスを行っていますが、不動産サービスもそのうちの1つです。

中でも売却査定は、一度の入力で複数の不動産会社に査定を依頼できる不動産一括査定サービスです。独自の検索機能などがあるため、効率よく作業ができるのが特徴になっています。

一方、同時に査定依頼ができる社数が4社であることや、提携会社が公表されていない点は注意点と言えます。まずは査定依頼のページから、大まかなエリアを入力し、どのような不動産会社へ査定依頼ができるか確認されてみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
倉岡 明広

倉岡 明広

経済学部経済学科卒業後、出版社や編集プロダクション勤務などを経てフリーライターとして独立。雑誌や新聞、インターネットを中心に記事を執筆しています。初心者が抱く不動産投資の疑問や質問を解決できるよう丁寧な記事を執筆していきます。