THEOとTHEO+ docomoの違いは?メリット・デメリットを比較

資産運用のロボアドバイザーサービスを検討している方の中には、株式会社お金のデザインが提供する「THEO(テオ)」と、THEOと株式会社NTTドコモとの協業サービスである「THEO+ docomo(テオプラス ドコモ)」の2つが気になっている方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では「THEO」と「THEO+ docomo」の違い、それぞれのメリット・デメリットや、おすすめできる人を解説いたします。ぜひ、自分に合う資産運用サービスを選ぶ際の参考にしてください。

目次

  1. 「THEO」「THEO+ docomo」とは?それぞれの特徴を比較
  2. THEO+ docomoのメリット
    2-1.運用額に応じたdポイントをもらえる
    2-2.1万円から投資が可能
    2-3.おつり積立投資ができる
    2-4.ドコモ口座と連携できる
    2-5.dアカウントでログイン可能
  3. THEO+ docomoのデメリット
  4. THEO+ docomoがおすすめな人
  5. THEOのメリット
  6. THEOのデメリット
  7. THEOがおすすめな人
  8. まとめ

1.「THEO」「THEO+ docomo」とは?それぞれの特徴を比較

THEOは「株式会社お金のデザイン」が運営している資産運用サービスです。運用方式はロボアドバイザーによるもので、資産運用の一部をロボットが支援してくれるという特徴があります。

一方、THEO+ docomoは、THEOとNTTドコモの提携による資産運用サービスです。THEOのロボアドバイザーで資産運用を行いますが、THEO+ docomoには独自のメリットも多くあります。

それではここから、「THEO」と「THEO+ docomo」の違いについてご紹介していきます。以下は比較表です。

アプリ・サービス名 THEO THEO+ docomo
特徴 ・手数料割引プログラム「THEO Color Palette」の適用条件が少ない(後述) ・dポイント付与あり
・おつり積立投資が可能
・ドコモ口座と連携可能
・dアカウントでログイン可能
最低投資金額 10万円以上 1万円以上
入金手数料 無料 無料
出金手数料 無料 無料
為替手数料 無料 無料
ETF取引手数料 無料 無料
運用手数料 年率0.65%~1.0% 年率0.65%~1.0%
THEO Color Palette(運用手数料割引)適用条件 ・毎月積立を実施
・出金していない
・毎月積立を実施
・出金していない
・dカード GOLDを契約中
・毎月おつり積立を実施
運用方法 ロボアドバイザー ロボアドバイザー
運営会社 ・株式会社お金のデザイン ・株式会社お金のデザイン
・株式会社NTTドコモ
アプリ対応端末 iOS・Android iOS・Android

(※2020年4月時点の情報です。)

基本的な投資方法や入出金手数料・為替手数料には、THEOとTHEO+ docomoの違いはありません。2つの比較ポイントは主に、最低投資金額やTHEO Color Palette適用条件の違いです。また、ドコモ各サービスとの連携の有無が大きな差となります。

THEOとTHEO+ docomoのそれぞれについて、以下で詳しく見ていきましょう。

2.THEO+ docomoのメリット

まずは「THEO」と比較した際の「THEO+ docomo」のメリットを5つお伝えします。

  • 運用額に応じたdポイントをもらえる
  • 1万円から投資が可能
  • おつり積立投資ができる
  • ドコモ口座と連携できる
  • dアカウントでログイン可能

それぞれのメリットについて、順番に説明していきます。

2-1.運用額に応じたdポイントをもらえる

THEO+ docomoでは、運用金額に応じてdポイントを毎月付与されることが特徴です。たとえば、運用資産額が50万円なら毎月900ポイント、100万円なら1,800ポイントがもらえます(ドコモ回線を契約している場合)。

運用金額 ドコモ回線契約なし ドコモ回線契約中
50万円 600ポイント 900ポイント
100万円 1,200ポイント 1,800ポイント
300万円 3,600ポイント 5,400ポイント
1,000万円 12,000ポイント 18,000ポイント

参照:THEO+ docomo「はじめての方へ」(※2020年4月時点の情報です。)

2-2.1万円から投資が可能

THEOの最低投資金額が10万円であることに対し、THEO+ docomoでは1万円から投資ができる点が魅力です。少額から投資を始められるため、初心者にも向いていると言えます。

2-3.おつり積立投資ができる

THEO+ docomoはdカードと連携させると、おつり投資を自動で行える機能があります(おつり投資をできるのはドコモ携帯契約者のみ)。

おつり投資とは、買い物をしたときのおつり相当額を自動で投資に回してくれるサービスです。日常生活で買い物をするだけで投資ができるため、初心者も始めやすいのがポイントです。

おつり投資に対応しているアプリはまだ少ないため、THEO+ docomoで行えるのはドコモ利用者にとってメリットと言えます。

2-4.ドコモ口座と連携できる

THEO+ docomoはドコモ口座と連携できる点もポイントです。「ドコモ口座」とは銀行口座のことではなく、ドコモが運営している電子マネーの名称です。

THEO+ docomoと連携すると、ドコモ口座からTHEO+ docomoへの入金、THEO+ docomoからドコモ口座への出金がワンクリックでできるようになります。

2-5.dアカウントでログイン可能

THEO+ docomoはdアカウントと連携することもできます。連携すると登録時の手間を省略でき、ログインも簡単にできるというメリットがあります。

3.THEO+ docomoのデメリット

THEO+ docomoには、THEOと比較した際のデメリットとして、「THEO Color Palette(テオカラーパレット)」の適用条件が、THEOよりも多い点が挙げられます。

「THEO Color Palette」はTHEOの運用手数料体系の名称で、運用額が増えるほど、手数料が割引される仕組みです。その割引を受けられる条件が、以下のように異なります。

アプリ・サービス名 THEO THEO+ docomo
THEO Color Palette(運用手数料割引)適用条件 ・毎月積立を実施
・出金していない
・毎月積立を実施
・出金していない
・dカード GOLDを契約中
・毎月おつり積立を実施

THEO+ docomoでは、THEO Color Paletteの適用条件としてdカード GOLDの契約があります。しかし、dカード GOLDは年会費が1万円かかるため、運用手数料の割引を受けるハードルはTHEOよりも高くなります。⇒また、おつり積立の実施も適用条件に含まれるため、単純に資産運用をしたいという方はTHEOの方がお得になることもあります。

THEO+ docomoがおすすめな人

ここまでの内容を踏まえると、THEO+ docomoは以下のような人におすすめできます。

  • ドコモ携帯利用者
  • dポイントを貯めている人、活用している人
  • dカードやdカード GOLDを利用している人
  • おつり投資をしたい人
  • 少額から投資をしたい人

dカード GOLDをすでに持っている、あるいはこれから作る場合、THEO+ docomoのデメリットはほぼありません。また、ドコモ携帯の契約とdカード連携でおつり投資ができるため、ドコモ利用者にはTHEO+ docomoのメリットが大きいと言えます。

5.THEOのメリット

ここからは、THEOのメリットをご紹介します。THEO+ docomoと比べて、THEOのメリットと言える点は、「THEO Color Palette」の適用条件がTHEO+ docomoよりも少ないことです。

これについては、前述したTHEO+ docomoのデメリットの逆となります。運用手数料の割引を、THEO+ docomoよりも少ない条件で受けることが可能です。

6.THEOのデメリット

THEO+ docomoと比較した際の、THEOのデメリットは以下の4つです。

  • 最低投資金額が10万円
  • dポイントはもらえない
  • おつり投資ができない
  • ドコモ口座やdアカウントとの連携ができない

以前まではTHEOの最低投資金額も1万円でしたが、2020年4月7日より、10万円へ変更になりました。THEO+ docomoは変わらず1万円から投資が可能なため、少額から始めたい人にはデメリットとなります。

また、その他のドコモサービスとの連携やおつり投資の機能・dポイント付与も、THEOにはありません。

7.THEOがおすすめな人

以上のメリット・デメリットを踏まえると、THEOは以下のような人に向いています。

  • ドコモ回線を契約していない人
  • dカードを利用していない人
  • 運用手数料を下げたい人

ドコモ携帯やdカードを利用していない場合、THEO+ docomoのメリットの恩恵はあまり受けられないため、THEOを利用すると良いでしょう。

また、dカード GOLDを持っていない場合は、THEOの方が運用手数料の割引を受けやすくなります。

まとめ

THEOとTHEO+ docomoの違いについてご紹介しました。

dカード GOLDを契約している場合は、THEO+ docomoのデメリットはほとんどありません。また、THEO+ docomoには多くのメリットがあるため、条件に当てはまるのなら、THEO+ docomoの方がおすすめと言えます。

ただし、ドコモユーザーではなく、dカード GOLDを作る予定がない場合は、THEOの方がメリットを得られるでしょう。ご自身の状況に合わせて、よりお得な方を選んでみてください。

【関連記事】THEO(テオ)の評判は?メリット・デメリットをわかりやすく解説
【関連記事】THEO+docomoの評判は?メリット・デメリット、手数料・始め方も解説

The following two tabs change content below.
千歳 悠

千歳 悠

金融・不動産が得意なライター。執筆歴は5年ほど。投資に関しては、投資信託や株なども実際に運用しつつ、不動産に関しても取得や投資方法なども含めた様々な知識がある。読者に対して、読みやすい文章と「ゼロから100まで理解できる」ことを意識している。