最新決算から分かるプロパティエージェントの投資用マンション戦略

プロパティエージェントは、東京23区・横浜エリアに集中したマンション開発により入居率99.6%(2018年8月時点)を誇る東証1部上場のマンション経営企業です。

プロパティエージェントの投資用マンションブランド「クレイシア」は、土地の選定から調査・仕入れを行うことで都心の好立地を厳選し、建物の企画・開発などまで手がけることでハイクオリティのマンションとなっています。

今回は2018年6月に発表されたプロパティエージェントのIR資料から、現在の経営状況や今後の不動産投資戦略を見ていきたいと思います。

記事目次

  1. 売上高58%増、営業利益25%増、創業以来15期連続で増収増益
  2. マンション開発は東京23区都心エリアへさらに集中
  3. 投資用マンション顧客満足度調査3年連続 第1位、リピート・紹介なども増加
  4. 東京は今後も人口集中が進むと予想、単独世帯・二人世帯も増加
  5. 「モデリング」と「スコアリング」で、他社マンションブランドと差別化
  6. 顧客満足度調査3年連続 第1位、リピート・紹介増加、入居率99.9%
  7. まとめ

売上高58%増、営業利益25%増、創業以来15期連続で増収増益

2018年3月期決算は、創業以来15期連続で増収増益と堅実な成長を実現しています。また、来期については、売上高240億円、営業利益16億円、経常利益12.5億円で創業以来16期連続増収増益を予想しています。

プロパティエージェント業績サマリー:売上高192.1億円、営業利益13.9億円、経常利益11.2億円、創業以来15期連続増収増益、経常利益過去最高更新、投資用マンションは堅実な成長、居住用コンパクトマンション(ダイバーシティレジデンシャル)は販売戸数前期比60%超増加<
投資用マンションの販売戸数も2015年度261戸、2016年度360戸、2017年度425戸と堅実に成長を重ねており、投資用のマンション開発のノウハウを活かして、居住用コンパクトマンションへと事業を広げているということが分かります。

プロパティエージェントの投資用マンション販売は堅実に成長、居住用マンションは販売戸数前期比60%超増加、着実な管理獲得により、管理戸数は賃貸・建物ともに約2,500戸

マンション開発は東京23区都心エリアへさらに集中

これまでのプロパティエージェントの物件は、都心6区・台東区・墨田区の人口動態の大きい区で約50%、駅徒歩5分以内の利便性が良い立地の物件が約60%という実績になっていましたが、今後はさらに都心エリアに集中して開発を進めていくと発表されています。

プロパティエージェントの投資用マンション開発エリア実績

プロパティエージェントのマンション開発エリアの実績

  • 東京都千代田区 秋葉原
  • 東京都 墨田区 菊川駅前
  • 東京都 中央区 水天宮前
  • 東京都 品川区 大井町
  • 東京都 目黒区 都立大学
今後のプロパティエージェントの投資用マンション開発エリア

プロパティエージェントの主な展開エリア(マンション販売予定)

  • 東京都千代田区 秋葉原
  • 東京都 墨田区 菊川駅前
  • 東京都 中央区 水天宮前
  • 東京都 中央区 八丁堀前
  • 東京都 品川区 大井町
  • 東京都 目黒区 都立大学
  • 東京都 目黒区 学芸大学
  • 東京都 新宿区 若松
  • 東京都 世田谷区 池尻大橋
  • 東京都 世田谷区 三軒茶屋

東京は今後も人口集中が進むと予想、単独世帯・二人世帯も増加

投資用マンションの開発を都心に集中させていく理由として、2020年東京五輪や雇用増、産業構造の変化などによる東京の人口増加と、投資用マンションの入居者ターゲットである単独世帯・二人世帯の著しい増加を挙げています。

東京の不動産マーケット(外部環境) 東京の不動産マーケットの可能性:東京の人口集中は社会環境、経済環境において必然、2020年東京五輪経済波及効果:生産誘発16兆円、雇用誘発3.6兆円、雇用創出100万人、アジアヘッドクォーター特区国家戦略特区として企業誘致500社、産業構造の変化:第3次産業GDPシェア70%超⇒大都市東京への集積の必要性 東京の不動産マーケットの将来性:東京単独世帯・二人世帯約23万世帯増加、転入超過数:東京>神奈川+埼玉+千葉

「モデリング」と「スコアリング」で、他社マンションブランドと差別化

また、投資用マンション「クレイシア」の他社との差別化・強みとして、「マーケットインの考え方での想定入居者の調査、物件企画(モデリング)」「50項目以上の独自評価項目で物件価値を徹底的に定量評価(スコアリング)」を挙げています。

強み・差別化戦略(クレイシア):マーケットインの考え方で想定居住者を調査し、物件企画、50項目以上の独自評価項目で物件価値を徹底的に定量評価、東京23区:クレイシア、都心エリアに徹底してスコアリングやモデリングといった独自の手法を用いて物件開発。そのため、入居率は業界最高水準の99.9%

顧客満足度調査3年連続 第1位、リピート・紹介増加、入居率99.9%

プロパティエージェントの投資用マンションは、株式会社アイ・エヌ・ジー・ドットコムが行った「2018年度投資向けマンションデベロッパーに対するオーナーの意識調査」において「満足度の高いデベロッパー」として3年連続で顧客満足度1位を獲得しています。この調査は、首都圏において投資用マンションを供給している不動産会社30社が抽出され、各社のオーナー100名、計3,000名を対象に行われたものとなっています。

プロパティエージェント、今後の展開サマリ:投資用マンション顧客満足度調査3年連続 第1位 クレイシアシリーズ・リピート・紹介・反響も増加

不動産クラウドファンディング事業にも注力

また、2018年1月末には「不動産クラウドファンディング準備室」を設置して、クラウドファンディングを活用した不動産投資事業に向けて商品・サービスの開発を進めています。クラウドファンディングを手がける上では、不動産特定共同事業の許可取得や第二種金融商品取引業の登録が必要になるため、もうしばらくの時間は必要だと思いますが、実現されれば小口からプロパティエージェントの物件に投資できるようになるようになるため、こちらも注目したいところです。

プロパティエージェントの不動産クラウドファンディング:社会を進化させるという理念のもと、P2P不動産クラウドファンディングの実現を目指す

まとめ

決算で発表されたプロパティエージェントの経営状況や今後の展開などをまとめると、以下のようになります。

  • 15期連続増収増益、来期も堅実に成長
  • マンション開発と販売は今後も都心エリアに集中
  • モデリングとスコアリングを強みに他社と差別化
  • 顧客満足度調査3年連続 第1位、リピート・紹介増加、入居率99.9%

プロパティエージェントの物件「クレイシア」の特徴や、非公開の物件情報などについてさらに詳しく知りたいという方は、プロパティエージェントのウェブサイトを確認してみてください。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」