不動産売却の相見積もり(一括査定依頼)ができるサービスは?5社を比較

不動産を売却するときは、複数の不動産会社に査定をしてもらう(相見積もりする)ことで相場が把握しやすくなります。

1社ずつ問い合わせるのは手間がかかりますが、そこで役立つのが不動産一括査定サイトです。一度の入力で複数の不動産会社に物件の情報が届き、それを元に簡易査定をしてもらうことができます。

今回のコラムでは、不動産売却の相見積もりを取る時に便利に活用できる、不動産一括査定サイトについて5社を比較して紹介していきます。

目次

  1. 不動産一括査定サイトとは
    1-1.不動産一括査定サイトを利用するメリット
    1-2.不動産一括査定サイトを利用する際のデメリット
    1-3.不動産一括査定サイトの使い方
  2. 不動産売却の相見積もり(複数社への査定依頼)ができるサービス5社の比較
    2-1.すまいValue
    2-2 SUUMO(スーモ)売却査定
    2-3.RE-Guide
    2-4.LIFULL HOME’S(ホームズ)
    2-5.HOME4U
  3. まとめ

1 不動産一括査定サイトとは

不動産を売却する際は、売出価格を設定して様々な手段で広告を出し、不動産市場にて買主を探します。しかし、不動産の価格をどうつけるといいのか、どれくらいの価格だと売却できるのか、不動産に詳しい方でないと通常は分からないものです。

そこで受けるのが不動産会社の査定です。1から不動産会社を探すときに活用したいのが全国の不動産会社を紹介している不動産一括査定サイトです。不動産一括査定サイトを利用することで、1社ずつ問い合わせをする手間を省き一度に複数社の査定を受けることが可能で、効率的に査定を進めることができます。

1-1 不動産一括査定サイトを利用するメリット

不動産会社に査定してもらったあとは、査定価格を提出してもらいます。不動産に最終的な販売価格を設定するのは売主ですが、不動産会社が算出した査定価格は売出価格の参考となります。

ただし、1社だけに査定を依頼すると、その価格や査定の根拠が不動産市場で適正なのか判断しづらくなってしまいます。そこで不動産の売却では、複数の不動産会社から査定価格を出してもらうことが通例になっています。複数の不動産会社からの評価を知ることができ、悪質な業者が出てきた場合には他社へ相談するなどの対策にもつながるためです。

不動産一括査定サイトでは、複数の不動産会社に同時にアプローチができますので、手軽に複数社からの査定価格を知ることができます。不動産市場で適切に売却できそうな価格をつけることでスムーズな取引ができ、想定よりも高い価格設定で不動産が売却できる可能性もあります。これらが不動産一括査定サイトを利用する大きなメリットです。

1-2 不動産一括査定サイトを利用する際のデメリット

不動産一括査定サイトによっては対象エリアが限られているため、査定をしてもらえる不動産会社が見つからないケースもあります。また各サイトでは対応を強化していますが、物件の情報や売主の情報をサイトに入力しますので情報が漏れるリスクもあります。

その他、悪質と言えないまでも、売主の希望よりも自社の利益を優先しているような不動産会社が提携していることがあります。例えば、査定価格を他社よりも高くつけて売却を促し、売却依頼(媒介契約)を受けた後に価格交渉が行われるなどの行為が見られます。

このような背景があることから、不動産一括査定サイトの価格だけを単純比較することは有効な手段と言えず、査定の根拠や過去の実績、査定担当者の対応力などを総合的に判断する必要があります。売主がしっかりと依頼先を見定めていく必要がある点は不動産一括査定サイトのデメリット・注意点と言えるでしょう。

1-3 不動産一括査定サイトの使い方

具体的な方法は各サイトによって異なりますが、主に下記のような流れで査定をしてもらうことができます。

  1. 物件のエリアについての情報を入力する
  2. 依頼者の情報を入力する
  3. 依頼する不動産会社を選択する(複数選べます)
  4. 情報を送信する
  5. 情報が届いた不動産会社で簡易査定をする
  6. 不動産会社から簡易査定の結果が届く

それでは次の項目から、それぞれのサイトの特徴と使いやすかった点、使いにくかった点をまとめていますので、参考にしてください。

2 不動産売却の相見積もり(複数社への査定依頼)ができるサービス5社の比較

日本国内では不動産査定一括サイトは複数ありますが、本記事では悪徳業者の排除を積極的に行い、全国エリアに対応した次の5つのサイトについて特徴を比較して紹介します。

主な不動産一括査定サイト

サイト名 運営会社 特徴
すまいValue 不動産仲介大手6社による共同運営 査定は業界をリードする6社のみ。全国900店舗。利用者の96.3%が「安心感がある」と回答
SUUMO(スーモ)不動産売却 株式会社リクルート 大手から中小企業まで約2,000の店舗と提携。独自の審査基準で悪質な不動産会社を排除。60秒で入力が終了し、無料査定がスタートできる。
リガイド(RE-Guide) 株式会社ウェイブダッシュ 16年目の老舗サイト。登録会社数800社、最大10社から査定を受け取れる。収益物件情報を掲載する姉妹サイトも運営、他サイトと比べて投資用マンションや投資用アパートの売却に強みあり
LIFULL HOME’Sの不動産売却査定サービス 株式会社LIFULL 全国3694社以上の不動産会社に依頼できる。匿名での依頼も可能
HOME4U 株式会社NTTデータ スマートソーシング 全国1800社から6社まで依頼可能。独自審査で悪徳会社を排除

【関連記事】不動産査定会社・不動産売却サービスのまとめ・一覧

今回紹介する不動産査定一括サイト5社には、それぞれに特徴や実績があります。それらを解説するとともに、サービスごとのメリット・デメリットも比較して紹介していきます。

2-1 すまいValue

不動産一括査定サイト「すまいValue」すまいvalueは、「住友不動産販売」「小田急不動産」「三井のリハウス」「野村の仲介プラス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」の6社で運営する不動産売却ポータルサイトです。6社合計で2021年度の成約件数12万件以上という実績があります。

  • 運営会社:不動産業界大手6社
  • 提携不動産会社:6社

すまいValueのメリット

「住友不動産販売」「小田急不動産」「三井のリハウス」「野村の仲介プラス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」の査定を受けられる一括査定サイトは、ほかにありません。不動産業界大手の不動産会社なので営業体制もしっかりしていることも特徴です。

店舗展開は6社合わせて全国に900店舗あり、簡易査定だけではなく、訪問査定やその後の不動産売却も任せやすい体制になっています。

すまいValueのデメリット・注意点

提携している不動産会社は大手の不動産会社6社となっているため、それ以外の不動産会社に査定をしてもらうことができません。例えば地元の中堅不動産会社、地域密着型の中小不動産会社などの査定価格が知りたくても、同サイトだけでは知ることはできません。

2-2 SUUMO(スーモ)売却査定

SUUMO不動産売却SUUMO不動産売却は複数の不動産会社へ査定依頼ができる、株式会社リクルートが運営する不動産一括査定サイトです。不動産会社での査定は全て無料で受けることができ、売却するかどうかは査定依頼の後で決めることが可能となっています。

  • 運営会社:株式会社リクルート
  • 提携不動産会社:2,000社以上(2022年10月27日時点)

SUUMO(スーモ)売却査定のメリット

SUUMO売却査定は全国約2,000の店舗と提携していますは、SUUMOを運営しているのは「リクナビ」や「タウンワーク」「ゼクシィ」「カーセンサー」などを展開する株式会社リクルートです。数多くの企業と取引実績がある同社では、独自の審査基準を設けて取引企業を審査しています。

SUUMO売却査定においても、独自の審査基準において悪質な不動産会社が排除されています。最終的な判断は売主自身が行う必要はありますが、多分野の業界で実績のあるリクルートの審査基準をクリアした業者のみ提携しているという点は、利用者にとってメリットと言えるでしょう。

SUUMO(スーモ)売却査定のデメリット・注意点

SUUMO売却査定で査定を一括で依頼できる不動産の種類は、「マンション」「一戸建て」「土地」の3つです。そのため「賃貸アパート」「賃貸マンション」「店舗」「事務所」などで利用することはできません。

なお、掲載している不動産会社の中には、これらの物件の査定を行っているケースもあります。不動産会社の情報を調べて、気になるところがあれば直接、電話などで確認することもできます。

2-3 リガイド(RE-Guide)

リガイド(RE-Guide)リガイドは、2006年にSBI不動産一括査定としてサービスを開始(※2016年2月にサイト名変更)した老舗サイトとなります。

不動産会社には独自審査を実施し、基準をクリアした不動産会社のみ提携しています。一度の入力で同時に査定を依頼できる不動産会社は10社までとなっており、他のサイトに比べて多くなっています。

  • 運営会社:株式会社ウェイブダッシュ
  • 提携不動産会社:900社以上(2022年10月27日時点)

リガイド(RE-Guide)のメリット

不動産の査定は物件の状態や過去の取引事例などから査定価格を算出していきます。そのため、一度に10社の不動産会社に査定を受けられるということは、幅広い不動産会社の評価を聞けるということです。訪問査定や売却活動を依頼する不動産会社の選択肢が増えることに加え、高値で売却できる可能性もあります。

リガイド(RE-Guide)のデメリット・注意点

査定時の入力項目が他のサイトよりも少し多くなっています。その分、精度の高い査定結果が期待できますが、入力していく段階で煩わしさを感じてしまう可能性もあります。

2-4 LIFULL HOME’S

LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)LIFULL HOME’Sの不動産売却査定サービスは、東証プライム上場の株式会社LIFULLが運営しており、全国3,700社以上の不動産投資会社に一括で査定依頼が出せるサービスです。

今回ご紹介している不動産一括査定サイトの中で提携している不動産会社数は最も多く、また累計利用者数は、2021年11月26日時点で736万人を突破しています。「不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとしても評価されています。

  • 運営会社:株式会社LIFULL
  • 提携不動産会社:3,774社(2022年10月27日時点)

LIFULL HOME’Sのメリット

提携している不動産会社が全国で3,700社以上もあるため、他のサイトでは依頼できない不動産会社に査定をしてもらえる可能性があります。

LIFULL HOME’Sのデメリット・注意点

提携している不動産会社が多いため、選択可能な不動産会社数が多すぎると感じるケースもあります。例えば、東京都内で不動産会社を検索すると50社以上がヒットすることがあります。最終的には最大6社を選ぶことになりますので、依頼する不動産を選ぶまでの時間や労力がかかってしまうこともあります。

2-5 HOME4U

HOME4UHOME4Uは、NTTデータグループが提供する国内最大級の不動産査定サイトです。2001年に日本国内で初めて誕生した老舗サイトでNTTグループが運営していることも特徴です。提携している不動産会社は47都道府県にあり、2021年11月26日時点で査定件数は累計45万件を突破しています。

  • 運営会社:株式会社NTTデータ・スマートソーシング
  • 提携不動産会社:約1,800社(2022年10月27日時点)

HOME4Uのメリット

NTTデータグループが厳しい審査を行っており、悪質な取引をしている不動産会社とは提携はしていません。また提携した後も常にパトロールをしており、不動産会社の取引方法などをチェックしています。

HOME4Uのデメリット・注意点

物件の情報を入力すると、査定依頼が可能な不動産会社が表示されるのは6社のみです。その中から最大6社を選ぶという仕組みになっているため、希望していた不動産会社に依頼できないことも考えられます。

まとめ

不動産売却の第一歩は査定してもらう不動産会社を探すことから始まります。不動産査定を依頼する会社によって売却結果にも影響があるため、慎重に選ぶことが大切なポイントとなってきます。

不動産一括査定サイトはそれぞれに特徴があり、使いやすさも使いにくさもそれぞれにあります。迷う場合にはどれも無料で利用できるため、気になるサイトから登録を検討されてみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
倉岡 明広

倉岡 明広

経済学部経済学科卒業後、出版社や編集プロダクション勤務などを経てフリーライターとして独立。雑誌や新聞、インターネットを中心に記事を執筆しています。初心者が抱く不動産投資の疑問や質問を解決できるよう丁寧な記事を執筆していきます。