不動産投資初心者こそクラウドファンディングがおすすめな4つの理由

都心エリアで新築不動産の投資を一人で行おうとすると、マンションで3000万円~5000万円、アパート1棟で1億円~1.5億円程度の資金を調達する必要があります。ただ、年収や職業の関係で住宅ローン審査に落ちてしまう方や、貯蓄があまりなくて何かあった時に返済がきちんとできるか心配だ、という方も多いかと思います。

こういった不動産投資の悩みに応えるために最近出てきたのが、クラウドファンディングという投資手法です。クラウドファンディングの主な特徴を以下にまとめてみましたので、一つ一つ詳しく見ていきましょう。

クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングは、一つの投資案件に対して不特定多数の投資家を募集して投資を実行する手法を指します。不動産投資の分野ではまだまだ聞き慣れない手法ですが、非常に面白みのある投資です。

  1. 住宅ローンを借りずに、少額で不動産投資が始められる
  2. 通常の不動産投資よりも元本割れリスクが低い
  3. 中途解約や部分売却、分割譲渡も可能
  4. 生前贈与や相続対策にも有効

住宅ローンを借りずに、少額で不動産投資が始められる

不動産投資のクラウドファンディングでは、たとえば5000万円の投資物件であれば、100口×50万円というような形で分割して購入することができます。一口数万円~数十万円からの商品がほとんどなので、住宅ローンなどで借入を起こさなくても、自己資金だけで不動産投資を開始することが可能です。「不動産投資は始めたいけれど、住宅ローンなどを背負ってまでやるのは難しい…」という方にぴったりの投資手法と言えるでしょう。

通常の不動産投資よりも元本割れリスクが低い

通常の不動産投資では、不動産価格の値下がりリスク、空室リスク、賃料の下落リスクなどに加えて、購入時や売却時の手数料、建物の修繕費などがかかるため、投資元本を割り込んでしまうこともあります。

一方、クラウドファンディングでは、手数料は初回購入時のみで、あとは売却時を含めてほとんど出費がなく、純粋に利回りを計算できるというものがほとんどです。また、クレアスライフの「一口家主Asset」インベスターズクラウドの「TATERUファンディング」などのディベロッパーが提供するクラウドファンディングでは、ディベロッパー側も投資物件の持ち分を全体の20%~30%程度保有しているのですが、不動産価格が下落した場合にはこのディベロッパーの持ち分から値下がり分が差し引かれて、オーナーの持ち分が優先的に守られるという「優先劣後システム」が採用されているため、保有する不動産が数年間で急激に数十%値下がりしない限りは元本割れすることはありません。逆に、投資物件が値上がりした場合には、償還時に値上がり分が分配される仕組みとなっており、ローリスク・ミドルリターンが狙える点が非常に魅力的です。

また、「一口家主Asset」や「TATERUファンディング」などのクラウドファンディングでは、共有持ち分が不動産登記されるので、万が一投資先のディベロッパー会社(事業者)が倒産したとしても、購入した持ち分は自分の財産として保全されます。

中途解約や部分売却、分割譲渡も可能

通常、不動産投資は長期投資となりますので10年単位の保有が前提となることが多いのですが、クラウドファンディングでは2年から5年程度の投資期間のものが多く、投資資金が長期間拘束されないこともメリットの一つです。

また、数%の事務手数料を支払えば中途解約も可能ですので、急な出費や環境の変化があった場合にも資金を引き上げることが可能です。分割譲渡もできるため、生前贈与などにも活用することができます。

生前贈与や相続対策にも有効

クラウドファンディングは、通常の不動産投資と同じように資産評価がなされますので、生前贈与や相続対策として活用することができます。不動産の資産評価額は、土地と建物の割合にもよりますが、購入額の2割~3割程度となることが多い(※)ので、大きな節税効果を見込むことができます。

※2017年5月時点の情報ですので、詳しくはクラウドファンディングの販売先や税理士などにご確認ください。

クラウドファンディングで不動産投資を始めよう

クラウドファンディングは、「不動産投資はなんだか怖い」「不動産投資はやってみたいけど大きな負債は抱えたくない」「「数年間だけ資金を運用してみたい」「できるだけ元本割れしたくない」といった方におすすめの投資手法です。通常の不動産投資と比べても、驚くほどデメリットが少なく、投資リスクを低くおさえることができます。

特に、ディベロッパー会社が提供するクラウドファンディングは、「不動産投資は怖くないと知ってもらいたい」「自社の投資物件を認知してもらいたい」「クラウドファンディングで儲けようとは思っていない」というプロモーション的な意図で運営されていることが多く、不動産投資に対する初心者の色々な不安を汲み取った親切な商品設計となっています。不動産投資が気になっているけど始められていないという方は、まずは気軽に資料請求やセミナーで詳しい話を聞いてみると良いでしょう。

(HEDGE GUIDE編集部)

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部

HEDGE GUIDE編集部は、元メガバンカーの編集長をはじめとして、投資経験や金融知識が豊富なメンバーで構成されています。不動産投資情報サイト「HEDGE GUIDE」では、不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。

Hedge Guide 編集部おすすめの不動産投資会社PICK UP!

Hedge Guide 編集部がおすすめの不動産投資会社を厳選ピックアップしご紹介しています。

ジーイークリエーション

入居率98%以上!都心一等地でのマンション投資を、頭金10万円から始められる不動産投資会社

GA technologies

GA Technologiesの不動産投資築10年以上の中古マンション投資で効率的な賃貸経営、入居率は99.4%!仲介手数料ゼロを実現

アイケンジャパン

入居99%以上の新築デザイナーズアパート経営とは?資料請求でノウハウ集とDVD無料プレゼント