TAG 抽選投資方式

株式投資コラム

立会外分売、2021年の実績と勝率は?値上がり銘柄の傾向も分析

立会外分売(たちあいがいぶんばい)は、通常より割引された価格で株式を購入できることから、投資家に人気のサービスです。2021年も数多くの立会外分売が実施されましたが、実績や勝率はどの程度だったのでしょうか。

この記事では2021年に実施された立会外分売について、勝率などの結果をまとめ、値上がりした銘柄の傾向について解説します。

株式投資コラム

立会外分売のメリット・デメリットは?過去実績から勝率と騰落率も検証

株式投資を行う中で、立会外分売という言葉を聞いたことがあるかもしれません。これは一種の特殊な取引方法の1つですが、内容についてよく知らないという方も多いことでしょう。そこで、立会外分売がどんな取引なのか解説します。また、立会外分売が儲かるのかどうか、過去の実績から徹底検証してみたいと思います。

投資・マネーコラム

抽選制度があるソーシャルレンディング・不動産クラウドファンディングは?

ソーシャルレンディング、及び不動産投資型クラウドファンディングの投資案件は投資の募集期間が決まっており、その募集が開始された後の先着順で投資の可否が決定されることも少なくありません。今回は時間の制約を受けずに投資機会を得ることができる、抽選型の投資方式に対応したソーシャルレンディング・不動産投資型クラウドファンディングをご紹介します。

投資・マネーコラム

【2019年9月版】定期的に案件を募集しているソーシャルレンディング会社

2019年9月時点ではmaneoマーケットのシステムを利用していたソーシャルレンディング会社は案件の募集を停止状態に陥っています。そこで今回は2019年9月時点で安定的に案件を提供しているソーシャルレンディング会社を以下にピックアップしてみました。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングOwnersBookが抽選投資方式を採用。メリットは?

東証プライム上場企業100%子会社のロードスターインベストメンツ株式会社が運営するソーシャルレンディングOwnersBookは、8月からソーシャルレンディング案件の入札に関して抽選方式を採用するとの連絡を行いました。なぜOwnersBookは抽選による投資を採用したのか、また抽選投資における投資家の注意点などについてまとめました。