TAG デジタルゴールド

仮想通貨コラム

【暗号資産投資初心者向け】ビットコインが「デジタルゴールド」と呼ばれる理由とは?

ビットコインには発行総量に上限があり、希少性が高く反インフレの特性があるため、「デジタルゴールド」とも呼ばれています。そこでここではビットコイン投資を検討している方向けに、ビットコインが「デジタルゴールド」と呼ばれる理由について詳しく解説していきます。

仮想通貨コラム

ビットコイン投資を始めるなら暗号資産取引所Coincheck(コインチェック)がおすすめな理由

ビットコインは2020年5月に4年に1度の半減期を迎えました。マイニング報酬が半分になり、2,100万枚に発行枚数が制限されているビットコインの希少性はますます高まっています。ここでは、今改めて注目されているビットコイン投資についてご説明します。また、ビットコイン投資を始めるのにおすすめの暗号資産取引所コインチェックについてご紹介します。

仮想通貨コラム

ビットコインがインフレヘッジと注目される理由とは?初めて投資をする方が押さえておきたいビットコイン3つの特性

仲介者を必要とせず、すべてのビットコインネットワーク参加者が管理に携わる「非中央集権」の特徴は、ビットコインが注目を集めている大きな要因のひとつです。ここでは、投資するにあたっておさえておきたいビットコインの基本特性についてご紹介します。

仮想通貨

機関投資家の参入加速、資産運用としてのビットコイン投資に脚光

ビットコイン市場に機関投資家の参入している事を示す複数の指標が確認されている。データ分析企業Skewによると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のビットコイン先物の出来高が5月11日に約3か月ぶりの高水準(約9億米ドル)となった。

その他企業

ビットコインは「デジタルゴールド」のポテンシャルも、機関投資家の参入を阻む2つの問題。VanEckがレポートを公開

金や新興市場、ETF(上場投資信託)を主とする米国の資産運用会社VanEckは1月29日、「The Investment Case for Bitcoin(ビットコインの投資ケース)」と題するレポートを公開した。ビットコインは「デジタルゴールド」になるポテンシャルがあると主張する一方で、機関投資家がビットコインに対する投資を積極的に進めない理由についても指摘している。