ウェルスナビ、預かり資産2300億円・口座数28万突破。拡大ペースが加速

ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」の預かり資産が2300億円を突破した。運営元のウェルスナビ株式会社が2月13日に発表したもので、同日付で口座数も28万超えとなった。2019年12月に預かり資産2000億円を達成以来、2ヶ月強で300億円を上積みしており、今年に入って拡大ペースを上げている。

ウェルスナビは、資産運用をテクノロジーの力で、一部の富裕層や機関投資家など、特別な層から広く一般に広げる目的で開発された。ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた「長期・積立・分散」の資産運用を自動で実現。機能性、透明性、シンプルな手数料が評価され、働く世代の支持が拡大しています。強固な顧客基盤を持つパートナー企業を通じた利用も広がっている。

同社は、資産形成のパーソナルサポートで「資産運用3.0」の実現を目標に掲げる。柴山和久代表取締役CEOは2019年、クレジットカードや住宅ローン、保険など、個人が運用する金融資産を総合的に提案する本格的なPFM(個人財務管理事業)への参入を目指す意向を示し、ライフプランの作成や人工知能(AI)によるアドバイス機能の拡充、個人向け金融サービスの最適化などを拡充してきた。19年に表層化した「老後資金2000万円問題」も追い風に、ウェルスナビの快進撃は続きそうだ。

【関連サイト】ウェルスナビ(WealthNavi)
【関連記事】ウェルスナビ(WealthNavi)の評判・口コミ
【関連記事】ウェルスナビ(WealthNavi)の実績・運営企業

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」