コスモスイニシア、AIによる不動産価値の将来予測と投資プランシミュレーションが可能な「VALUE AI」提供中

大和ハウスグループの株式会社コスモスイニシアは、人工知能(AI)による不動産価値の将来予測と投資プランシミュレーションを行うことができるサービス「VALUE AI(バリューアイ)」を2月22日より一棟投資用不動産保有の不動産オーナーや購入検討者などの顧客向けに提供している。

VALUE AIでは、Gate.の保有する膨大な物件データとAI独自のアルゴリズムにより、現在の不動産価値や、任意で設定する購入から売却までの保有期間の利回りを算出できる。また、不動産オーナーが条件を変更し、現状に合わせた投資プランシミュレーションを行うこともできる。保有不動産を登録することができるため、不動産ポートフォリオの管理ツールとしても活用できる。

VALUE AIを活用することで、保有不動産の現在・将来における課題の早期発見、賃料見直しや売却、資産の入替えなど、計画的な不動産経営を行うことができるメリットがある。

VALUE AIはリーウェイズ株式会社が開発したAIによる物件の査定システム「Gate.」をコスモスイニシアがカスタマイズし開発したサービスだ。今後、利用者アンケートを実施しながら機能が拡充される見通しだ。

コスモスイニシアでは「VALUE AI」に加え、不動産オーナー専属の不動産コンサルタントによるサポート体制も整備しているという。収益性を高めたい不動産オーナーや投資物件を選定中の方はデータ分析に基づく投資ツールの一つとして利用を検討してみてはいかがだろうか。

【サービスサイト】コスモスイニシアのVALUE AI | 一棟投資用・賃貸不動産の価値をAIが分析

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」