THEO、開始4年で預かり資産約600億円・平均年率リターン10.4%に。インフォグラフィックス公開

AI搭載の資産運用サービス「THEO(テオ)」は2020年2月16日に運用開始4周年を迎え、運用者数は9万人超、預かり資産約600億円まで成長した。提供元の株式会社お金のデザインは4周年を記念して特設サイトでテオのインフォグラフィックスを3月13日公開した。

インフォグラフィックスによると、4年間の平均年率リターンは10.4%、4年間で実施したポートフォリオのメンテナンス(リバランス・リアロケーション・リクリエーション・リプロファイリング)は一人当たり合計120回。ユーザーの平均預かり金額は81.7万円となっている。ユーザーの約8割が5年以上の長期運用を予定しており、「10年~20年」(31%)、「20年以上」(25%)と長期的に続ける考えの人も多い。提供開始5年未満ながら、確かな信頼がうかがえる。

2019年12月に実施した自社アンケート(回答数1万4103件)では、サービス利用を始めたユーザーの25.3%が「さまざまな投資方法を調べるようになった」と回答。テオを選んだ理由のトップ(70.3%)は、「すべておまかせで資産運用してくれるから」だった。サービスの評価は「満足」(23.0%、「どちらかといえば満足」(67.7%)で、あわせて9割に達している。

支持の高い「おまかせ資産運用」は、5つの質問からユーザーの運用目的を推定、 一人ひとりに合わせた資産運用方針を設定。 目的に応じた資産運用を自動で行う仕様だ。 テオのポートフォリオは、 最大30種類以上のETF(Exchange Traded Fund=上場投資信託)から構成され、細かく分解すると投資先は世界86の国・地域、 最終的な投資対象は1万1000銘柄以上になり、 徹底的な分散投資を行うことでリスク低減を図っている。

実際の投資は、長期的に高いリターンを狙う「グロースポートフォリオ」、 相対的に安定的かつ着実にリターンを狙う「インカムポートフォリオ」、 株式との相関を避けてリスクの軽減を狙う「インフレヘッジポートフォリオ」の3つを、 目的別に組み合わせ運用する。市場全体のリスクをとることによるリターンに加え、 その他の要因(スマートベータ)から生じるリスクを適切に組み合わせることで、 効率的にリターンの向上やリスクの低減を狙うスマートベータ運用を採用しているのも特徴の一つだ。同社は「 今後もより多くの方の資産運用をサポートしご満足いただけるよう、サービスの向上と提供に努めていく」としている。

【参照記事】数字でみるAI搭載ロボアドバイザーTHEO
【関連記事】AI搭載ロボアドバイザー THEO[テオ]の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」