AI搭載ロボアドバイザー「THEO」、開始3年で預かり資産360億円超

株式会社お金のデザインは、運営するAI搭載ロボアドバイザー「THEO(テオ)」のサービス開始3周年を記念して、サービス利用者の情報をまとめたインフォグラフィックス「数字でみるAI搭載ロボアドバイザーTHEO」をオンラインで公開している。

この2年で運用者は20代から40代を中心に9.6倍に拡大、6万8千人(2月28日現在)、預かり資産額は360億円を突破した。

THEO3周年インフォグラフィック・運用者数

積立利用ユーザーは62%以上で、うち約75%が5年以上の長期投資をする意向であり、同サービスがうたう少額からの長期積立投資の浸透がうかがえる。

THEO3周年インフォグラフィック・長期投資意向

THEOはAI搭載ロボアドバイザーによる投資一任運用サービス。コンセプトは、「投資は、ロボが。人生は、あなたが」。年齢や現在の金融資産額などの情報から、ロボアドバイザーが、一人ひとりに合った最大30種類以上のETF(上場投資信託)からなるポートフォリオを提案。最低投資金額は1万円、手続きはスマホだけで完了し、運用報酬も1%(年率・税別)と低コストで始められるなど、初心者への負荷を取り払っている。サービス名称は画家ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの弟で、兄を経済的に支え続けたテオドール・ヴァン・ゴッホにちなむ。

インフォグラフィックスによると、ユーザーの約半数が投資未経験、女性ユーザー比率は1年で4%アップし22%に上った。62%が積立で運用しており、平均積立金額は2万6961円。

THEO3周年インフォグラフィック・投資家層

THEOをはじめた目的は「すぐには使わないお金を運用して余裕資産を持つため」(56.8%)、「新しい金融サービスに触れてみたいと思った」(45%)、「老後が不安なので資産形成しておいたほうが良いと思った」(44.2%)が上位。THEOをはじめた「きっかけ」は、すべておまかせで資産運用してくれるから(59.3%)、「1万円から始められたから」(41.5%)、「AIを搭載しているから」(39.4%)となり、サービスの特徴が投資したい人のニーズに合致している。

ユーザーの満足度は約70%で、「THEOを他の人に薦めたい」と答えた方は63%。お薦のめポイントは「お任せ運用ができる」「少額からはじめられる」こと。一方、薦めたくない理由として[お金のことなので人に薦めるのは躊躇する」「人に薦めるほど理解していない」「現在、それほど満足していない」といった声も紹介している。

「THEOをはじめて変わったこと」として「家計やお金の使い方を見直した」「THEO以外の資産運用も始めた」「さまざまな投資方法について調べるようになった」などが挙げられ、THEOの利用がポジティブな行動を促しているようだ。

お金のデザインはTHEOをはじめiDeCoサービス「MYDC」、機関投資家向けチャネル「ARCA GLOBAL ASSET」、ポイント投資プラットフォームなどのサービスを展開。「テクノロジーを活用することで金融・投資の深い知識がなくても、誰もが、当たり前のように資産運用ができる世の中を目指す」としている。

【参照記事】数字でみるAI搭載ロボアドバイザーTHEO
【関連記事】AI搭載ロボアドバイザー THEO[テオ]の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザー・少額株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザー・少額株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザー・少額株式投資チームは、ロボアドバイザーや少額株式投資に関する知識が豊富なメンバーがロボアドバイザーの基礎知識から少額投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」