髙橋大輔氏コーディネートの投資型マンション「スカイコート ディベルテ浅草」概要発表

不動産分譲・販売のスカイコート株式会社12日、バンクーバー五輪フィギュアスケート男子銅メダリストで、昨年現役復帰したフィギュアスケーター髙橋大輔選手がコーディネートする投資型マンション「D-color」プロジェクト」の第1号物件の概要を公開した

物件名は「スカイコートD-iberte ASAKUSA(スカイコート ディベルテ浅草)」。住居表示は東京都台東区浅草6丁目13-2で、東武スカイツリーライン「浅草」駅より徒歩7分、東京メトロ銀座線「浅草」駅より徒歩 8分、つくばエクスプレス「浅草」駅より徒歩9分、都営地下鉄浅草線「浅草」駅より徒歩11分。総戸数35戸(管理室1戸除く)。間取りは1K、1LDK、住戸専有面積25.39㎡~40.63㎡。バルコニー面積3.15 ㎡~11.68 ㎡、ルーフバルコニー面積/31.57㎡。完成予定は4月下旬、5月上旬から入居予定。売主は同社、管理はスカイサービス株式会社が行う。

プロジェクトは同社の創立50周年を記念し、「次の50年につながる建物を作りたい」という思いからスタート。髙橋氏はトータルコーディネーターとして、企画段階から参加している。異例の起用は、スカイコート社取締役でブランディング推進部長の西田美和氏の発案。2年前、髙橋氏が「スケート選手でなければ建築家になりたかった」と語っていたのを知り、自身もプロフィギュアスケーターだった経歴もある西田氏の「髙橋さんがフィギュアスケートで培ったセンス、表現者としての才能をいかしていただきたい」という思いが事業に発展した。名称はフランス語の“Liberte(自由)”と DAISUKE の頭文字を掛け合わせている。

模型と映像で公開された建物は黒、赤、白を基調としたシャープでスタイリッシュな外観。高橋選手のアイディアという。「浅草という立地から日本を思わせ、街の雰囲気に合う色を選んだ。赤は僕らしい色。建物正面、最上階付近には赤いタイルで小文字のdを横にしたデザインをあしらっている」(髙橋氏)。間取りは 3 種類で、色や素材、玄関のニッチ、アクセントクロス、コンセント数まで、どの物件にも髙橋氏のセンスがふんだんに盛り込まれている。

スカイコートD-iberte ASAKUSA(スカイコート ディベルテ浅草)について解説する高橋大輔氏

同日、会見した髙橋氏はフィギュアスケートとマンションのコーディネートについて「色と素材を組み合わせる点、期限内に選択して良いものを作るところは共通している」とコメント。「完成して、購入者に喜んでいただき、良い評価がいただけたら、4回転サルコーより嬉しいかも」と笑顔で語った。その後、不動産物件セミナーと髙橋氏によるトークショーが催され、一般公募で約 4000 名から抽選で選ばれた400名が参加、盛況となった。物件情報は公式サイト(>http://www.d-color.tokyo)で公開中。

【関連記事】スカイコート株式会社の評判・特徴

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」