FPが教える今からできる資産形成、満足度95%の資産運用セミナー10/26開催

「人生100年時代」と騒がれる今、将来に向けてどれだけ準備できるかが勝負になっている。金融庁が出した「老後2000万円」問題もFP業界では今に始まった話ではなく、将来の自分のためにまず今できることから行動に移すことが大切だ。

こうした老後資金や資産運用などへの関心が日々高まる中、東京・横浜エリアでワンルームマンション投資・管理を手がける株式会社湘建が10月26日(土)にみなとみらいセンタービル(みなとみらい線みなとみらい駅4番出口直結)で資産運用セミナーを開催する

セミナーは各業界のFPがそれぞれの目線で今おすすめの資産形成について取り上げるという形式になっており、「何かやらなければいけないと思ってはいるが、何をやっていいかわからない」という初心者に向けて分かりやすく内容を解説する。

第1部

加藤 裕一郎(合同会社C&Cコーポレーション 特別顧問)

第2部

石川 大生(アクサ生命保険株式会社 横浜FA支社 営業1課)
原澤 英之(株式会社湘建 営業2部)

セミナープログラム

第1部
  1. 理想のライフスタイルを手に入れる資産運用について
  2. その必要性から基本的な知識、考え方
第2部
  1. 積み立て型保険として今話題の変額保険って何?
  2. 低金利時代の運用先として注目を集めている不動産投資について

これまでのセミナー参加者は、4割が投資未経験層となっており、セミナー参加者へのアンケート結果では95%が「機会があればまた参加したい」「参加して良かった」と回答。参加者の満足度が非常に高い。

セミナーの内容について、参加者からは「初心者の私でもわかりやすく、外部の先生が教えてくれるという中立性に好感が持てた」「他社のセミナーでは聞けない専門的な内容が非常に勉強になった」などの声が上がっており、中立性と内容の濃さが好評の要因となっている。

セミナー参加特典として、通常1時間5,000円の相談料がかかる個別面談を、1回限り無料にて実施する(60分目安)。また、HEDGE GUIDEと湘建はセミナー参加者に対する特別タイアップキャンペーンを実施中。キャンペーン特設ページからセミナーに申し込むと、参加後から3営業日以内にメールにてAmazonギフト2,000円分を受け取ることができる。

セミナーの参加日程が合わないという場合には、セミナーの申し込みページの日程欄から無料個別相談を選択することも可能だ。

メイン講師プロフィール

加藤 裕一郎
合同会社C&Cコーポレーション 特別顧問

大手セキュリティ会社に17年勤務後、金融機関、保険代理店等を経験しながらファイナンシャルプランナーの資格を取得。現役、不動産オーナーの強みを活かし、不動産活用による資産形成やお金の悩みの解決のため、各種セミナーや金融アドバイス、個別の相談業務を中心に活動している。

セミナー開催企業

株式会社湘建セミナーを主催する株式会社湘建は、東京・横浜の駅徒歩8分以内という好立地のワンルームマンションを手がける不動産投資会社。物件価格は2,000万円~2,500万円が多く他社と比べて購入しやすい価格帯で、融資についても優遇金利1%台前半から、85%が頭金10万円以内でスタートしているといった特徴があり、入居率も99.62%(2019年2月時点)となっている。

また、購入後の賃貸管理については、わずらわしい交渉事やクレーム対応などを全て湘建が代行しており、原状回復費用や設備トラブルの保証なども充実している点がオーナーから高く評価されている。特に、設備トラブル保証は築35年までの設備メンテンナンスコストを保証してくれるというもので、エアコン・給湯器・照明器具・換気扇など一般的な設備をカバーしており、期間中は何度でも保証を受けることが可能な点が好評だ。

セミナー概要

  • セミナー名:FPが教える今からできる資産形成
  • 開催日程:10/26 (土)15:00~
  • 開催場所:みなとみらいセンタービル19階 株式会社湘建 大会議室
  • アクセス:みなとみらい線みなとみらい駅4番出口直結
  • 住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-1 みなとみらいセンタービル19F
  • 参加費:無料

【セミナー情報ページ】株式会社湘建のセミナー詳細を見る
【関連ページ】湘建の評判・口コミ

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」