不動産投資の湘建、日本マーケティングリサーチ機構調査で2部門No.1に

オンライン調査の日本マーケティングリサーチ機構は7月18日、不動産投資会社に関するインターネット調査で株式会社湘建が「友人・知人に安心して紹介できる不動産投資会社」「サラリーマン、公務員が推奨するセミナー」の2部門で第1位に選ばれたと発表した。

調査は「2020年3月期_ブランド名のイメージ調査」として、競合選定条件「不動産投資セミナー」で検索エンジン「グーグル」の検索上位9社を選んだ。湘建は、首都圏を中心とする総合不動産企業。事業領域は投資用不動産、居住用不動産の販売、賃貸仲介、管理業務まで幅広い。強みは、保障制度やサポートが充実している点。例えば、不動産オーナーを悩ませる課題に「設備トラブル」や「原状回復」に関わる多くの出費がある。出費は一般的に35年間で設備修繕費として約300万円が必要といわれるが、同社では「オーナー安心!保証システム」を用意している。同システムに加入すると、設備トラブルはもちろん、入居者の退去時の現状回復費用も全て同社が負担するため、オーナーの負担はゼロとなる。設備の故障は1回とは限らないため、何度でも保証を受けることが可能だ。

不動産管理サポート業務についても、入居者募集からクレーム対応まで全て同社が代行。オーナーは管理業務から解放され、家賃収入を受け取るだけ。他に仕事をしながらでも、安心してマンション経営を行なえる。

主催するセミナーにも定評がある。税金の仕組みをファイナンシャルプランナーが詳しく説明し、税金を減らす方法・節税の裏技(NISA・iDeCo)について解説。また、セミナー後、専属のファイナンシャルプランナーが担当として個人へ無料でアドバイスも行っている。「失敗しない投資セミナー」は個別サポートや分かりやすさ、参加しやすさ、現役FPによる豊富な講師陣が特徴。だが、こうした条件を売りにしたセミナーは多数ある。日本マーケティングリサーチ機構は 「独自のマーケティング活動により仕入れ、資産価値の高い物件を仕入れ、紹介していることが高付加価値物件となっている。顧客目線でのセミナーも、良い関係を築いている」と評価している。

【関連サイト】湘建
【関連ページ】湘建の評判・口コミ

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」