ロボアドバイザーをTポイントで利用可能へ。SBI証券とCCCマーケティングが資本業務提携を締結

株式会社SBI証券(以下、SBI証券)とCCCマーケティング株式会社(以下、CCCマーケティング)は10月30日、金融事業における資本業務提携を締結し、合弁会社の株式会社SBIネオモバイル証券(以下、SBIネオモバイル証券)の設立を発表した

資本業務提携
引用:SBIグループ ニュースリリース

SBI証券は現在、440万を超える総合口座数を有し、国内の個人株式委託売買代金においては30%以上のシェアを誇るなど、日本有数のネット証券だ。近年では、投信積立における最低設定金額の100円への引き下げなど、少額投資サービスの充実に取り組むほか、NISA口座での対象商品の買付手数料無料化など、若年層・投資未経験層のお客さまが資産形成の第一歩を踏み出しやすいサービスの提供にも注力している。

CCCマーケティングは、日本人の半数を上回る6,788万人が利用し、179社が参画する共通ポイントサービス「Tポイント」のライフスタイル・データをもとにしたマーケティングプラットフォーム事業を行っている。特に、Tカードを利用する20代は、20代人口の82.3%におよび、若年層を中心に幅広い世代に支持をされていることが特徴だ。

今回設立されるSBIネオモバイル証券では、若年層をメインターゲットに、スマートフォンをメインチャネルとした金融サービスを提供する。ユーザーの取引に応じたTポイントの付与およびTポイントを使って国内株やロボアドバイザーなどの金融商品が購入できる「Tポイント投資」が特徴で、Tカードの購買データを活用して、ビッグデータ解析に基づいた投資情報サービスの提供も行っていく狙いだ。

【参照記事】SBI証券とCCCマーケティング、資本業務提携契約に関するお知らせ ~Tポイント、データベース、スマホを活用した最も身近な金融サービスを目指して~
【関連記事】ウェルスナビ(WealthNavi)の評判・口コミ・口座開設

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチームは、ロボアドバイザーや金融知識が豊富なメンバーがロボアドバイザーの基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」