人気の不動産クラウドファンディング、1位はCOZUCHI。投資経験者100名アンケート結果

不動産情報のウェブメディア「不動産テックラボ」、ポータルサイト「Fund Search」を運営する株式会社Lifeplayは9月28日、不動産クラウドファンティング(CF)の投資経験者100人を対象に実施したアンケートの結果を発表した。

調査は今年9月16日〜21日、オンラインで実施。①不動産CFへの投資はいつから開始したか②数ある投資の選択肢の中から不動産CFを選んでいる理由(複数回答可)③投資総額④不動産CFを選ぶ上で、重要視しているポイント(複数回答可)⑤実際に投資をしている不動産CFサービス(最低1社以上)の5項目を訊ねた。

不動産CFを開始した時期で、最も回答が多かったのが「1年以上3年未満」51%、次いで「1年未満」29%、「3年以上5年未満」15%、「5年前以上」が5%だった。

選択肢の中から選んだ理由は、1位が「1万円の少額で投資できる」25件、2位が「他の投資と比べて利回りが高い」21件、3位が「運用の手間や知識が要らず手軽」19件、4位が「他の投資と比べてリスクが低い」で18件、同率5位が「家族や知人・友人から勧められた」11件。以下は「不動産の安定性、将来性を評価」11件、7位「リスク分散のため」6件、8位「投資の勉強のため」4件。その他、「運用期間が6ケ月以内の短期案件の取扱いが豊富なため気軽にできる」「不動産投資の中で、現物より流動性があるため選んでいる」などの回答があった。

投資総額の質問で、最多は「10万円以上100万円未満」の45%。次いで「100万円以上1000万円未満」28%と3割弱が100万円以上を投資している。3位は「1万円以上10万円未満」の25%、「1000万円以上」「0円以上1万円未満」がそれぞれ1%となった。

重要視しているポイントは、多かったのが「想定利回り」の74件で、次いで「最低投資額」43件、「案件数の多さ」37件、「案件情報の充実度」27件、「運営会社の規模」27件、「物件のエリア・種類」23件、「ファンドの償還実績」18件、「優先劣後方式の比率」が11件。想定利回りが重要視されるのは想定できる結果だが、運営会社の規模や償還実績まで、投資経験者は満遍なくチェックしている。

実際に投資している会社を訊ねたところ、1位はLAETOLI株式会社の「COZUCHI(コヅチ)」の28.4%で、2位以下を大きく引き離した。2位が「クリアル」12.5%、3位は「大家ドットコム」10.4%、4位が「利回りくん」6.2%、5位が「ONIGIRI Funding」と「Owners Book」が4.8%で同率、7位も同率で「FUNDROP」「CROWD BUILDS」「GATES FUNDING」が2.7%で並んだ。10位は「ASSECLI」2%」だった。

【関連サイト】Fund Search(ファンドサーチ)
【関連サイト】COZUCHIのウェブサイトを見る
【関連記事】COZUCHIの評判・口コミ

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」