通信4キャリアで利用ポイント1位は「楽天ポイント」、2位は「Tポイント」MMD研究所調査

投資にポイントサービスを利用できる形態が増え、初心者でも投資を始めやすい環境が整いつつある。マーケティングリサーチのMMDラボ株式会社が7月20日に発表した「2021年通信会社と利用ポイントに関する調査」では、最も利用するポイントサービス1位は「楽天ポイント」、2位は「Tポイント」で、満足度が最も高かったのも楽天ポイントとなった。

踏査は、同社でモバイル調査を行う「MMD研究所」が7月9日から12日にかけて実施。「docomo(ahamo含む)」、「au(povo含む)」、「SoftBank(LINEMO含む)」、「楽天モバイル(MVNO含む)」の通信4キャリアを契約し、かつポイントサービスを活用している20歳~69歳の男女4000人から有効回答を得た。

最も利用するポイントサービスは「楽天ポイント」がトップ、最も利用するポイントサービスの満足度を聞いたところ、「とても満足している」「やや満足している」を合わせると、楽天ポイントが87.0%で、「PayPayボーナス」の80.6%、「Pontaポイント」の79.1%、「dポイント」78.4%、Tポイント「70.8%」を抑えてトップとなった。

活用しているポイントサービスが利用できる店やサービスを積極的に選ぶか聞いたところ、「積極的に利用する」という回答が最も多かったポイントサービスはやはり「楽天ポイント」で、docomoは59.6%、auは59.4%、SoftBank61.1%に比べ、「楽天モバイル」は72.3%で抜きんでている。

続いて、ポイント目的で、活用しているポイントサービスと関連性が高い他サービスを積極的に利用しているかを聞いたところ、「積極的に利用する」という回答が最も多かったポイントサービスも楽天ポイント。docomoは53.0%、au51.6%、SoftBank53.0%、楽天モバイルは63.4%の支持を集めた。

通信4キャリアを契約かつ、契約キャリアのポイントサービスを活用している3324人を対象に、利用している通信会社を継続する理由として、ポイントサービスは影響するか聞いたところ、「とても重要で継続する理由になっている」と「やや継続する理由になっている」を合わせた回答は、docomoが61.0%、auが54.6%、SoftBankが46.9%、楽天モバイルが70.8%と、ここでも差をつけた。

楽天グループは「楽天経済圏(エコシステム)」として、ECサービスの「楽天市場」をはじめ、通信キャリアなど70以上のサービスを展開。展開するサービスで、楽天ポイントを現金のように利用できる体制を構築し、ユーザーの拡大に奏功している。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」