オンライン住宅ローンサービス「モゲチェック」、サービス利用者数が3万人を突破。コロナ禍で申し込み増

株式会社MFSはオンライン住宅ローンサービス「モゲチェック」を運営する株式会社MFSは8月21日、住宅ローンおよび不動産投資サービスの利用者が3万人を突破したと発表した。2015年8月のサービス開始から約5年となる7月21日時点の達成。

モゲチェックは、住宅ローンおよび不動産投資ローンの利用者や利用予定者向けに、全国の金融機関から消費者にとって最も良い条件のローン提案や、ローンの借り入れ可能額の判定機能を提供している。新型コロナウイルスの影響により、2020年2月からはより低い金利の金融機関への借り替えを提案する住宅ローン借り換えサービスの利用者数が急増し。2月から7月にかけては前年同月比2〜6.5倍の借り換え申し込みがあった。

また、住宅購入の前に住宅ローンの借り入れ可能額を判定するサービス「モゲパス」や、ローンの新規借り入れ先金融機関を提案する「住宅ローン借り入れサービス」も、20年3月から申込者数が右肩上がりで推移した。コロナ禍で首都圏のマンションの売買件数は減っているが、テレワークにより住まいのニーズが変わってきたこと、非対面で申込みができるオンラインサービスへの需要が伸びたことが要因と考えられる。

住宅ローンは、16年に導入が決定したマイナス金利の影響により住宅ローン金利が大きく下がったものの、金融機関の比較検討の難しさや申込手続きの手間が借り換えの課題となっている。同社は、「新規の借り入れにおいても、住宅ローンを利用する上で役立った情報源として住宅・販売事業者をあげる人が約半数に達する状況で、提携先金融機関が限定的である不動産事業者が紹介する提携ローン以外の選択肢がまだ少ない」と見る。

「住宅ローンの知識に自信のないお客様でも簡単に新規借り入れ・借り換え検討ができるよう、現在の住居地、年収などの個人情報をウェブ上で入力するだけで金融機関の比較・手続きが進められる、ITを活用したサービスの提供に努めていく」考えで、引き続き消費者目線で顧客にとって最適なローン選びをサポートしていくとしている。

同社は14年10月に創業した日本初のオンライン住宅ローンマッチング会社。これまで個人では比較検討が難しく、不動産業者担当者にとっても経験や知識によって提案力に差の出る住宅ローンを、「誰もが最適な住宅ローンを簡単に選べるようにする」ことを目指す。個人が家探しの前に借入可能額が判定できる機能モゲパスや、新規借り入れ・借り換え先の金融機関の選定、および完済までのローン管理機能を提供するモゲチェックなど、テクノロジーを活用したサービスを提供しています。18年10月からは不動産投資マッチングサービス「モゲチェック不動産投資」を開始し、不動産投資家に向けた借入可能額判定サービスや借り換えサービスなどを提供している。

【関連サイト】モゲチェック・住宅ローン
【関連サイト】モゲチェック・不動産投資ローン
【関連記事】モゲチェックの評判・口コミ

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」