LINEスマート投資 ワンコイン投資で新年目標応援キャンペーン実施

株式会社FOLIOは、自社サービスを基盤とするLINE Financial株式会社の「LINEスマート投資」の500円から積立投資ができる「ワンコイン投資」で、2020年1月1日~14日まで期間限定でキャンペーンを実施する。対象期間中に「目標設定機能」を使い初めて目標を設定すると、LINEポイントをプレゼント。設定した新年の目標をSNSでシェアするとオリジナル壁紙もプレゼントする。

ワンコイン投資は2019年10月24日に大幅リニューアルし、「ハワイ旅行のために30万」など生活に馴染みのある目標をきっかけに投資を開始できる、目標設定機能を搭載した。同機能は「旅行」「暮らしを豊かに」「趣味」など目標カテゴリーから好きな目標を選択して積立投資ができるのが特徴。目標カテゴリー選択後は「旅」から「ハワイ旅行」、「暮らしを豊かに」から「引っ越し」、「趣味」から「車」のように、自分用に目標をカスタマイズする顧客は約60%(同社調べ)に上り、同機能の搭載後、目標に向けて投資をする人が増し、利用者の目標設定金額の総額は100億円を突破(同)した。

キャンペーンは、目標設定機能で目標を設定するとLINEポイント3ポイントを付与。「#あけおめ宣言」とつけて自分の目標をTwitterでシェアすると、オリジナルキャラクター「PIG」の壁紙をプレゼント。“1年の計は元旦にあり”とされる新年のスタートを応援する。

ワンコイン投資は、投資初心者でも気軽で使いやすい少額積立投資サービスとして19年4月に提供開始。無料通話アプリ「LINE」を使い、毎週500円という金額設定で投資に対するハードルを下げ、気軽に資産づくりを始められる。可愛らしいオリジナル公式キャラクター、フレンチブルドッグの「バフェ」、PIGが画面に登場、より親しみやすくした。

FOLIOは国内株を取り扱う独立系証券会社において、約10年ぶりに新規参入し話題となったオンライン証券会社。テーマに投資できるサービスは日本初で、18年11月には、ロボアドバイザーサービスの「おまかせ投資」をローンチ。同社が扱うテーマ投資では、「ドローン」や「京都」、「ガールズトレンド」といったテーマを選ぶだけで、それぞれのテーマに関連した複数の企業に1万円台から分散投資が可能。FOLIOが選定した複数企業にリスクを分散させた投資を、簡単に行うことができる次世代型の投資サービスをうたう。18年10月にLINE Financial株式会社とLINEスマート投資の提供を開始した。

【関連サイト】LINEスマート投資 ワンコイン投資のウェブサイト
【関連記事】LINEスマート投資 ワンコイン投資の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」