ガイアックスとネクスウェイ、KYCプロセスにおけるAPI連携を2018年夏に開始

ソーシャルメディアやアプリ関連事業を行う株式会社ガイアックスとTISインテックグループの株式会社ネクスウェイは今月5日、APIサービス連携を今夏に行うことを発表した。

具体的には、KYC(Know Your Customer:顧客の身元確認作業)をオンラインで業務代行するガイアックスのAPI「TRUST DOCK」と、本人確認通知の発送や配達データの取得を自動化するネクスウェイのAPI「本人確認・発送追跡サービス」が連携し、Fintech事業におけるKYCプロセスをスムーズにするという。

「TRUST DOCK」と「本人確認・発送追跡サービス」のAPI連携によるワンストップなソリューション

このAPI連携が始まれば、内部に専用システムや業務体制を構築することなく、迅速なKYCの委託が可能になる。不動産特定共同事業者や資金移動業者といったFinTech(フィンテック)事業者が安全・迅速に利用できるサービスとなることから、同連携の実現に期待が高まる。

【参照サイト】ガイアックスとネクスウェイ、犯罪収益移転防止法に準拠したKYC/本人確認業務の一連のプロセスにおける API 連携を 2018年夏に開始

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」