クリアル、BRIと業務提携。都心部レジデンス案件で投資機会増やす

クリアル株式会社は7月8日、株式会社BRIと業務提携したと発表した。東京都心部のレジデンス等開発・運用の豊富な実績を有するBRI社との連携で、クリアルの不動産投資クラウドファンディング(CF)「CREAL(クリアル)」に、安定的により多くの案件を供給する目的。

BRI社はハイグレードの投資用レジデンスである「GALICIAマンションシリーズ」の開発を行うなど、高品質のレジデンス開発に強みを持つ。クリアル社は投資家により多くの投資機会を提供するために多くの企業とパイプライン提供に関わる契約を締結しており、今回の提携もその一環。

GALICIAマンションシリーズは、東京都心にBRI社が開発・管理を一貫して手掛けているのが特徴。「ハイグレードな住空間にこだわり、投資用マンションとしてオーナーに高い付加価値を提供」(同社)している。

クリアル社は「CREAL」、機関投資家や超富裕層向けの資産運用サービスの「CREAL Pro」を展開。CREALは、「不動産投資を変え、社会を変える。」というミッションのもと、2018年11月にサービスを開始。今まで個人では投資の機会を得ることが難しかった大型不動産やESG(環境・社会・ガバナンス)不動産を含めた多彩なタイプの不動産への投資機会を、1万円から提供している。

サービス開始から62のファンドを満額調達・組成、累計調達額は179億円超となっております。組成したファンドの内、44ファンドは運用終了しており、全て元本割れすることなく出資金の償還がなされている。

一棟レジデンスを対象物件とする「(仮称)CREAL新宿」ファンド(募集金額4億7500万円、想定利回り年利4.3%、想定運用期間18ヶ月)は、今月6日で満額を達成して受付を終了した。

【関連サイト】不動産投資型クラウドファンディング「CREAL」
【関連ページ】CREALの評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」