CREAL、不動産投資クラウドファンディングにおけるリサーチで運用資産残高No.1に

日本マーケティングリサーチ機構は17日、「2019年6月期 不動産特定共同事業許認可におけるクラウドファンディングサービス運用資産残高調査」で株式会社ブリッジ・シー・キャピタルの不動産投資クラウドファンディング「CREAL(クリアル)」が運用資産残高で第1位となったと発表した。

インターネットで不特定多数の投資家から集めた資金をもとに不動産運用を行い、運用益や売買差益を投資家に分配する不動産投資クラウドファンディングのうち、CREALは実際に不動産投資を行っている感覚そのままに、煩わしい契約実務や不動産管理をインターネットで簡略化。「不動産投資における必要情報を明確(クリア)にした、本物(リアル)の不動産投資クラウドファンディングサイト」をうたっている。

CREALでは同社が厳選した高い資産価値が見込める物件のみを掲載、不動産投資において重要な判断基準となる物件の所在地や立地環境、詳細を豊富なデータや画像・動画で開示。 1口1万円から少額投資可能で、投資物件の賃貸収入は毎月配当される。

【関連サイト】CREAL
【関連ページ】CREALの評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」