不動産クラウドファンディングCREAL「第13号蒲田レジデンスファンド」9日募集開始

株式会社ブリッジ・シー・キャピタル(東京都中央区)は不動産投資クラウドファンディングサービス「CREAL(クリアル)」で「第13号蒲田レジデンスファンド」の募集を5月9日午後8時から開始する。最小投資額1万円で募集金額は1516万円。想定利回り(年利)4.2%、初回配当日は7月31日で以降毎月配当。想定運用期間は9ヶ月。

同ファンドは区分所有建物である賃貸レジデンス「メインステージ蒲田Ⅱ」の1室(専有部分)を取得・運用する。物件を賃借及び転貸するマスターレッシー(転貸人)である株式会社ブリッジ・シー・エステートからの賃料収入を原資として、投資家へ毎月配当を支払う。

同ファンドのポイントは、人口増加が予測される東京都心部のコンパクトレジデンス投資である点。日本全体では人口は減っているものの、都全体では2019年の数値は2007年と比較して約110万人、うち東京23区では約100万人の人口流入・増加となっていることから、東京都心部のコンパクトレジデンス市場は、成長市場であると考えられる。メインステージ蒲田Ⅱの所在する大田区でも同様に人口流入・増加が見られ、19年の人口は約73万人となっており、2007年の約68万人から約5万人の人口流入・増加となっている。このため、同区でのコンパクトレジデンスの需要は今後も堅調に推移するものと考えられる。

次に、都に所在する物件の高い流動性がある。区分所有マンションの取引件数は、直近18年11月までの1年間の公表データによると、全国では毎月平均で概ね1万5600件前後で推移。都の取引件数はその約3分の1を占めており、東京地区の区分所有マンションの需要は底堅く、順調に売却活動を進められると見られる。さらに同物件の近隣には、スーパーやコンビニのほか、駅周辺の大型商業施設といった生活利便施設が所在。最寄駅のJR京浜東北線・東急池上線・東急多摩川線「蒲田」駅まで徒歩4分、京急本線・京急空港線「京急蒲田」駅まで徒歩10分の好立地にある。

【関連サイト】CREAL
【関連ページ】CREALの評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」