「ちょこっと不動産」第7号ファンドは北区の借地権付新築分譲住宅。1月11日発売

株式会社良栄は、オンラインで1口1万円から始められる不動産クラウドファンディング(CF)「ちょこっと不動産」第7号ファンド(募集期間2022年1月11日~21日)の概要を公開した。「ちょこっと不動産7号 北区岸町」は第6号ファンドに続き、借地権付新築分譲住宅を投資対象とし、旧法借地権を取得後、新築住宅を建築して売却する。売却益により分配するキャピタル型ファンドの第2弾。

募集金額は2930万円で、募集は先着式で行う。一人あたり投資可能上限口数は2929口。運用予定は22年2月1日~5月31日までの4ヶ月。予定分配率は年利4.5%(税引前)、分配は償還時一括。

対象物件は同社の戸建ブランド「Buena Town(ブエナタウン)」。所在地は東京都北区岸町2丁目。JR京浜東北線「東十条駅」と東京メトロ南北線「王子駅」とJR埼京線「十条駅」の3路線3駅の利用が可能で、都心へのアクセスも良好だ。

宅地面積は123.51㎡、権利は旧法借地権で期間20年、地代は月額2万8600円。建物は木造サイディング張コロニアル葺2階建、床面積は1階部分65.47㎡、2階部分53.05㎡。22年3月完成予定。

出資総額は4890万円で、優先劣後方式の採用(優先60%:劣後40%)により、優先出資総額2930万円、劣後出資総額1960万円と安全性に配慮したファンドとなっている。

ちょこっと不動産は、不動産特定共同事業法に基づく不動産CF。専門的な知識や多額の資金が必要など、ハードルが高いイメージのある不動産投資を、オンラインで手軽に1口1万円から始められる。第1号ファンド発売以来、各ファンドとも即日完売となった。ブエナタウンは、東京23区での不動産開発事業に実績を持つ同社が、”スタイリッシュモダンスタイル”と打ち出している高品質住宅。

【関連サイト】ちょこっと不動産
【関連記事】ちょこっと不動産のメリット・デメリット

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」