不動産投資セミナー選びに失敗しないためのポイントは?事前の準備も

不動産投資のセミナーに参加しようと思うものの、「どこの会社のセミナーへ行けばいいのかわからない」、「不動産会社にだまされたりしないか不安」という人は多いのではないでしょうか。

不動産投資セミナーで失敗しないためのポイントは、投資目的や自分の状況を整理することと、物件のタイプを絞り込んでおくことです。投資目的が明確になれば、自ずと投資すべき物件のタイプが見えてきます。

物件のタイプを絞り込めれば、不動産会社やセミナーを選ぶときに迷うことも少なくなり、複数のセミナーに参加することで不動産会社の比較も出来るようになります。

本記事では不動産投資セミナーへ参加するにあたり、注意すべきポイントを解説します。不動産投資セミナー選びに迷っていた方はご参考下さい。

目次

  1. 不動産投資セミナーに参加するメリット
    1-1.最新の情報を効率よく収集できる
    1-2.リアルな体験を聞け、その場で質問ができる
  2. セミナー選びで失敗しないための確認ポイント
    2-1.不動産会社について確認する
    2-2.セミナー講師の実績について確認する
    2-3.紹介している物件を確認する
    2-4.セミナーの内容について確認する
  3. セミナーへ参加する前に準備すること
    3-1.不動産投資をする目的を設定する
    3-2.自分の状況や希望を整理しておく
    3-3.不動産投資に関する最低限の知識をつけておく
  4. まとめ

1.不動産投資セミナーに参加するメリット

不動産投資セミナーは、本やウェブサイトよりも新しい情報や体験談を聞ける点にメリットがあります。それぞれ見て行きましょう。

1-1.最新の情報を効率よく収集できる

不動産投資セミナーには、本やウェブサイトとは違ったメリットがあります。大きなメリットの一つに、最新の情報を収集できることが挙げられます。

例えば、不動産市況や金融機関の融資に対する姿勢などは、時間の経過とともに変化します。本に書かれている情報は、著者の執筆時点では最新の情報ですが、出版してから時間が経過するとともに、古い情報になってしまいます。

不動産投資で成功するためには、投資を検討する時点での最新の情報を集めることが重要です。不動産投資セミナーは、最新の情報を収集するために適した手段と言えます。

1-2.リアルな体験を聞け、その場で質問ができる

情報の濃さと疑問をその場で解決できるという点で、不動産投資セミナーには大きなメリットがあります。

不動産投資の成功談や失敗談は本やウェブサイト、不動産投資家のブログなどでもある程度は調べることが可能ですが、個別の事例について深掘りして解説している情報は多くありません。

不動産投資セミナーでは、本やウェブサイトでは紹介されていないような個別事例についてもの体験談を聞けることがあります。また、セミナーでは失敗談だけではなく失敗を防ぐための方法などについても、講師から具体的な解説があります。

その他、わからないことがあればその場で質問して確認できるのも、セミナーのメリットです。

2.セミナー選びで失敗しないための確認ポイント

不動産投資セミナーを選ぶときに失敗しないためには、何の情報を収集したいのか整理することと、不動産会社が紹介している物件について確認することが重要です。

2-1.不動産会社について確認する

不動産投資セミナーを探すときには、セミナーを主催する不動産会社について確認してみましょう。複数の会社をピックアップしたら、過去の実績をチェックして選ぶのも一つの方法です。

例えば、投資用不動産を販売している会社の多くは、自社が管理する物件について、毎月の入居率を公表しています。入居率が高ければそれだけ入居者募集に関するノウハウを蓄積していると考えられます。

空室で失敗する確率を減らしたい、と考えるのであれば入居率の実績が高い不動産投資会社から優先してセミナーを受講してみるのも一つの方法と言えるでしょう。

また、会社概要に掲載されている理念や採用ページなども、不動産会社の姿勢を知るための材料になります。例えば、採用ページに「高額なインセンティブを稼げる」などと書かれている場合は要注意です。

不動産会社が社員に支払うインセンティブは、各物件の利益が原資となります。インセンティブのパーセンテージが高いということは、物件価格に多額の利益が転嫁されていることを示唆しているとも言えます。

不動産投資会社では、社員へのインセンティブ設定を行っていることは少なくありません。しかし、高額なインセンティブで社員教育を施している会社は、投資家よりも自社の利益を優先して営業している可能性もあるため注意をしておきましょう。

2-2.セミナー講師の実績について確認する

不動産会社が主催するセミナーには、自社の社員が講師を務める場合と、外部から講師を招いている場合とがあります。

例えば、不動産投資会社の社員が行う場合は不動産投資の基礎的な解説が主であったり、外部から税理士の講師を招いている場合では不動産投資の税関連の講義がメインとなったりなど、講師によってセミナーの講義内容が大きく変わることがあります。

セミナー参加前にどのような人が講師となるのか、その実績はどのようなものなのか、セミナーで得たい知識に合わせてあらかじめチェックしておくと良いでしょう。

2-3.紹介している物件を確認する

投資用不動産の会社には会社ごとに得意分野があり、セミナーでは自社が得意な分野の情報を発信しています。

例えば、区分所有マンションを主に販売している会社は、マンション投資に関するセミナーが主に開催されています。自分の投資先の物件を明確にしてからセミナーへ行くほうが、効率的に情報収集することが出来るでしょう。

ただし、まだどのような物件に投資すべきか迷っている段階であれば、不動産投資を体系的に解説しているセミナーを聞いてから、自分にあった投資手法や物件を判断するのも一つの選択肢と言えます。

2-4.セミナーの内容について確認する

不動産投資セミナーの参加にあたっては、自分が疑問や不安に思っていることを解決できるセミナーを選ぶことが必要です。まずは、自分が解決したい内容を明確にしておくと、セミナー選びで失敗することが少なくなります。

どんな物件に投資すればいいかわからないという場合には、マンションやアパートなど、物件種別にメリットやリスクを比較解説してくれるセミナーを選ぶことが必要です。例えば、物件種別の比較をせずに、マンションだけについて解説するセミナーなどを選ぶと、結果的に偏った物件選びをしてしまう可能性があります。

また、自分はローンを使えるのか疑問があるという場合には、例えば銀行の担当者を招いた融資付けに関するセミナーを選ぶのも有効です。融資に関する情報は特に、最新の情報を収集することの重要性が高いと言えるでしょう。

漠然とした疑問を持った状態でセミナーに参加するよりも、目的意識を持って参加するほうが有意義な勉強になります。

3.セミナーへ参加する前に準備すること

希望のセミナーに参加申し込みしたら、事前に自分の状況を整理することと、改めて投資目的を明確にすることとが重要です。あらかじめ考えておくべき内容について解説します。

3-1.不動産投資をする目的を設定する

投資目的が決まっていれば、講義内容の受け取り方も変わってきます。セミナーを有意義な勉強の場とするためには、先に投資目的を考えることが有効です。

セミナーを主催する会社の得意分野を確認することを、セミナー選びで失敗しないためのポイントとして挙げましたが、どんな物件が自分に合っているのか判断するためには、投資目的の設定が重要なポイントになります。

毎月の利益額は小さくても良いので、長期保有を前提として資産性の高い物件に投資したいと考える場合は、好立地の区分所有マンションが選択肢に挙げられます。その一方で、アーリーリタイアなども視野に入れて、利益が大きい投資をしたい場合は、アパート投資や中古マンション投資などが検討出来るでしょう。

このように、投資目的が明確になれば自分に向いている物件のタイプを選ぶ際に役立ちます。投資目的をあらかじめ再検討しておき、セミナーに備えておきましょう。

3-2.自分の状況や希望を整理しておく

投資する物件のタイプによって、自己資金や必要な融資額など、投資の条件は異なります。より具体性を持った情報を収集するためには、セミナーに参加する前に、自分の状況や希望の利益額などを整理しておくことが重要です。整理するポイントは、例えば以下の通りです。

  • 現在の収入
  • 用意できる自己資金額
  • 希望する毎月の利益額
  • 希望する投資エリア

状況をあらかじめ整理しておくことで、講義内容だけでは疑問を解決できなかった場合に、講師へ質問して解決できます。特に不動産投資の初心者にとっては、不動産投資セミナーはプロに質問して疑問を解決できる貴重な機会です。

セミナー中の質問以外にも、個別相談を設けているセミナーがあります。このようなセミナーでは講義の終了後に講師へ相談してみても良いでしょう。担当者の名刺をもらえれば、後日相談することなどもできます。

3-3.不動産投資に関する最低限の知識をつけておく

セミナーに参加する前に、不動産の投資運用に関する最低限の知識をつけておくことは重要です。知識がある状態でセミナーに臨むほうが、講義内容に対する理解度が深まります。

例えば、不動産投資の大まかな流れや仕組みについてある程度の理解をしておくと良いでしょう。知識が全くない状態でセミナーに参加すると、消化不良のまま終わってしまうことも考えられます。

まとめ

不動産投資セミナーは、本やウェブサイトで勉強できる知識を補完することもでき、情報の鮮度や質問できる点など、メリットの大きい情報収集の手段と言えます。

しかし、自身に合っていない不動産投資セミナーを選択して失敗しないためには、投資目的の設定や解決したい疑問の整理などが重要です。目的を明確にすることで、セミナーの内容を有意義なものにできる可能性が高まります。

不動産投資セミナーの選び方に迷っていた方は、この記事のチェックポイントを参考に自身に合ったセミナー選びを検討してみましょう。

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」