入居率が高い(99.0%以上)のおすすめ不動産投資会社3選

入居率が高い(99.0%以上)のおすすめ不動産投資会社3選

不動産投資初心者が、投資を始める前に最も気になるのが空室リスクです。不動産投資サイトに書かれている利回りも満室でなければ実現できない数値ですので、きちんと入居が見込めるかどうかというのは非常に気になるポイントです。

入居率の高さは、賃貸需要のあるエリアかどうか、物件のグレード、最新設備、賃貸管理・建物管理のきめ細やかさ、などによって大きく上下します。ただ、初心者の方にとって、これらすべてを適切に見極めることは至難の業と言えるでしょう。

そこで、この記事では、HEDGE GUIDE編集部おすすめの「入居率が高く、信頼の置ける不動産投資会社」を3社ピックアップしましたので、ぜひ会社選びの際のご参考になさってみて下さい。

入居率が高い(99.0%以上)のおすすめ不動産投資会社3選

プロパティエージェント

プロパティエージェントの不動産投資

プロパティエージェントは、東京23区・横浜エリアに集中した物件開発により入居率99.5%を誇るジャスダック上場企業です。土地選定から建物の企画開発までをワンストップで手がけることで安全性と品質を担保した新築マンションブランド「CRACIA(クレイシア)」の供給を実現しており、上場企業ならではの安定した資本体制・コンプライアンスや充実のアフターフォローも魅力で、投資向けマンションデベロッパー満足度調査(※2017年3月 アイ・エヌ・ジー・ドットコム 調べ)では2年連続総合No.1を獲得しています。物件価格はやや高めの水準で投資金額も大きくなりますので、自己資金に余裕のある方や年収が500万円以上の方におすすめできる会社です。サイトで会員登録をしておくことで、おすすめの物件情報を紹介してくれますので、まずは情報収集を兼ねて登録をされてみると良いでしょう。

GA technologies

GA technologiesの不動産投資

GA technologiesは、都心の中古ワンルームマンション投資を手がける不動産投資会社です。投資効率の良い築10年以降の中古マンションを扱っており、GA technologiesが売主となることで購入時の仲介手数料ゼロを実現しています。賃貸管理も自社でサポートし、入居率は国内トップクラスの99.4%を超えています(2017年3月時点)。また金融機関とのアレンジによってはフルローンで開始することも可能なので、自己資金が少ない方でも安心して相談することができます。資料請求をすると「不動産投資のしくみ」「マンション経営で知っておくべき7つのリスク」「物件の選び方」など不動産投資の始め方がわかるノウハウ集「Q&Aブック」と、不動産投資で年間2000万円の家賃収入を実現したオーナーへのインタビューを収録したDVDを無料でプレゼントしてもらえますので、興味のある方は問い合わせをしてみると良いでしょう。

グローバル・リンク・マネジメント(GLM)

グローバル・リンク・マネジメントの不動産投資

グローバル・リンク・マネジメント(以下、GLM)は、不動産の開発から販売・管理までワンストップで行っている都内で有数の不動産投資会社です。東京23区・川崎駅から徒歩10分圏内でのみ開発を行っており、入居者率は99.17%、国内で唯一7年更新のサブリース契約のため、長期間で賃料変動が少ないといった特長があり、空室リスクが気になる方や安定した賃貸収入を得たいサラリーマンの方におすすめです。また、金融機関との提携・取引が20行と豊富なため、他社と比べてフルローンなど頭金が少なくても始めることができる可能性が高いでしょう。定期的に開催されるセミナーは、初心者向けの内容となっていますので、0から不動産投資を学びたいといった方におすすめです。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部

HEDGE GUIDE編集部は、投資経験や金融知識が豊富なメンバーで構成されています。不動産投資情報サイト「HEDGE GUIDE」では、不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。