TAG SBIソーシャルレンディング株式会社

SBI証券など金融サービス全般を取り扱う総合金融グループ・SBIグループのソーシャルレンディングサービスです。担保力を重視した貸付額の設定と借手ごとの厳格な審査(たとえば、資本金5,000万円以上、直近6年間の貸し倒れ件数2件以内かつ2,000万円以内、過払い債務なし、貸金業の業歴7年以上など)を行った企業に融資を行うファンドなどを扱っています。また、投資額1万円からの運用が可能で、登録・販売・分配金の送金手数料が無料のため、初心者の投資家にも嬉しいサービスです。

【関連記事】SBIソーシャルレンディングの評判・口コミ・口座開設

投資・マネーコラム

SBIソーシャルレンディングの評判は?メリット・デメリットを徹底比較

貸付型クラウドファンディング投資はソーシャルレンディングとも呼ばれ、さらなる市場規模の拡大が期待される中、現在は様々なソーシャルレンディング会社がサービスを展開しています。そこでこの記事では、SBIソーシャルレンディングの特徴やメリット・デメリット、口コミ・評判について詳しく解説します。

投資ニュース

SBIソーシャルレンディング【限定タイアップキャンペーン開始】9月末までの投資家登録完了・メルマガ配信希望でSBIポイントを2,000プレゼント

ソーシャルレンディング(貸付型クラウドファンディング)サービス「SBIソーシャルレンディング」を提供するSBIソーシャルレンディング株式会社は、金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」でのタイアップキャンペーンを開始した。

投資・マネーコラム

不況に強いソーシャルレンディング案件は?景気の影響を受けにくい案件の特徴

ソーシャルレンディングに投資する時は、できるだけ安定した収益が得られる案件を選びたいと考える方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ソーシャルレンディング案件の中でも、比較的景気が悪化しても影響を受けにくい案件の特徴についてご紹介します。

投資ニュース

SBIソーシャルレンディング、投資家登録完了数5万人突破。3月の登録完了数は過去最高に

ソーシャルレンディング(貸付型クラウドファンディング)サービスを提供するSBIソーシャルレンディング株式会社は4月6日、投資家登録手続きが完了し、すぐにファンドに出資できる「投資家登録完了数」が2020年3月末で5万1539人に達したと発表した。

投資ニュース

SBIソーシャルレンディング、融資残高400億円突破。投資家数は4.7万人超に

「SBIソーシャルレンディング」を提供するSBIソーシャルレンディング株式会社は3月5日、2020年2月末時点で融資残高が415億円となったと発表した。2月の月間投資家登録完了数は2113人と過去最高を更新、投資家登録手続きが完了し、すぐにファンドに出資ができる「投資家登録完了数」は4万7256人となった。

投資ニュース

SBIソーシャルレンディングが地域創生ローンファンドの募集開始、投資家登録は4万人を突破

ソーシャルレンディングサービスを提供するSBIソーシャルレンディング株式会社は、不動産分野における地域経済の活性化をテーマとする新しいローンファンドを「SBISL地域創生ローンファンド」を組成、第一号案件を11月12日から募集開始した。

投資ニュース

SBIソーシャルレンディング、アパートメントホテル開発で新たな業務提携

SBIホールディングス株式会社の子会社でソーシャルレンディング(貸付型クラウドファンディング)サービスを提供するSBIソーシャルレンディング株式会社は8月29日、霞ヶ関キャピタル株式会社、株式会社玄海インベストメントアドバイザーとの間でアパートメントホテル開発における業務提携に関する覚書を締結したと発表した。

投資ニュース

SBIソーシャルレンディング、2018年クラウドファンディング市場でトップシェア

ソーシャルレンディング(貸付型クラウドファンディング)サービスを提供するSBIソーシャルレンディング株式会社が、富士キメラ総研「決済関連市場調査」のクラウドファンディングマーケットシェア2018年実績においてトップシェアを獲得した。