TAG Bitwise

仮想通貨コラム

Bitwise Asset Managementってどんな会社?【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

Bitwise Asset Management(ビットワイズ・アセット・マネージメント)は、世界最大規模の仮想通貨ファンドの一つです。世界初となる仮想通貨インデックスを作成し、適格投資家向けの複数の仮想通貨ファンドを運用しています。今回は、Bitwise Asset Management社について詳しく解説します。

仮想通貨

機関投資家の参入加速、資産運用としてのビットコイン投資に脚光

ビットコイン市場に機関投資家の参入している事を示す複数の指標が確認されている。データ分析企業Skewによると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のビットコイン先物の出来高が5月11日に約3か月ぶりの高水準(約9億米ドル)となった。

その他企業

米国証券取引委員会、3つのビットコインETFの審査を見送り

SEC(米国証券取引委員会)は8月12日、申請されていた3種類のビットコインETF承認の判断を延期した。延期が決定したのは、資産運用会社VanEckが申請しているビットコインETF、資産運用会社Bitwiseが申請するビットコインETF、資産管理会社Wilshire Phoenixが申請するビットコインETFの3つだ。SECのビットコインETF上場申請の可否判断期限は、VanEckが10月18日、Bitwiseが10月13日、Wilshire Phoenixが9月29日までとなっている。

その他企業

「現存する仮想通貨の95%は痛みを伴う終焉を迎える」、ETF専門家の発言から考える“これから生き残る仮想通貨”とは

仮想通貨インデックスファンドを手掛ける米国のBitwise Asset Managementのグローバル部門責任者マット・ホーガン氏は2月6日、「現在数多く存在する仮想通貨の95%が終焉を迎えるだろう」と発言した。経済・金融情報メディアBloombergが報じている。