TAG 暗号資産

仮想通貨コラム

2020年5月施行の改正資金決済法、仮想通貨(暗号資産)関連改正内容サマリー

4月3日、金融庁は2019年5月に成立した改正資金決済法等におけるパブリックコメントの結果を公表し、同時に2020年5月1日より改正法を施行するとしました。今回の改正では広告表示の規制や信用取引に関する規制等が盛り込まれています。この記事では、今回の改正において、一般の仮想通貨投資家に影響する内容をまとめています。

ブロックチェーン

Aerial Partners、株式会社ディーカレットに暗号資産の財務・管理会計システム「Gtax」を提供開始

株式会社Aerial Partnersは3月25日、暗号資産販売所を提供する株式会社ディーカレットに財務・管理会計システム「Gtax(ジータックス)」を提供し、暗号資産交換業者をはじめとするブロックチェーンサービス事業者の経営管理基盤として提供開始した。

仮想通貨コラム

少額投資をするならどの仮想通貨取引所がおすすめ?厳選3社の取扱通貨や購入数量を比較

仮想通貨取引ビジネスに大手企業が参入する流れの中でLINEや楽天銀行との連携など便利なサービスが登場しており、仮想通貨投資への参加の敷居はますます下がってきています。しかし、仮想通貨市場の相場は株式や金などに比べると値動きが激しいため、リスクを抑えるために「まずは少額から投資を始めたい」と考える方も多くいらっしゃいます。ここでは、HEDGE GUIDE編集部が厳選した3社の仮想通貨取引所の少額投資条件、取扱通貨、各種手数料などを徹底比較します。少額投資に適した取引所の中に、自分にあった入金方法やサービスを提供している企業が見つかるかもしれません。この機会にチェックしてみてください。

仮想通貨コラム

BITMAXとbitFlyerはどっちがおすすめ?機能や手数料、評判を徹底比較!

最近では、スマホアプリから簡単に利用できる仮想通貨取引サービスが増えています。bitFlyerはスマホアプリ「bitFlyer ウォレット」で、「初めて利用した仮想通貨アプリ」、「現在利用しているアプリ」でNo.1*に選ばれるなど、アプリの評価の高い代表的な仮想通貨取引所です。2019年9月よりサービスを開始したBITMAXは、月間8,200万人以上が利用するメッセージングサービス「LINE」を介してアクセスできる仮想通貨取引所です。LINEアプリに専用ウォレットが搭載されており、使い慣れたLINEのインターフェイスから仮想通貨取引ができる点で注目されています。ここでは、bitFlyerとBITMAXについて、それぞれが提供している機能や手数料、取扱通貨など様々な部分を客観的に比較・分析したいと思います。両社それぞれの特徴のなかに、自分にあったサービスが見つかるかもしれません。是非参考にしてみてください。