ロボアドバイザー「ウェルスナビ」 で11の提携サービスがNISAに対応

ウェルスナビ株式会社は資産運用ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」で、8月18日からNISA(少額投資非課税制度)に対応した新機能「おまかせNISA」を提供するサービスを拡大した。

対応するのは提携サービス「ウェルスナビ for」を提供するANA、イオン銀行、横浜銀行、JAL、TOKYU POINT、じぶん銀行、ネオモバ、東京海上日動、ODAKYU、東京スター銀行、三菱UFJ銀行。

おまかせNISAは、 NISAの非課税メリットを活用しながら、世界水準の「長期・積立・分散」の資産運用を一任型で行うことができるサービス。顧客は、投資の経験や知識にかかわらず、 NISAを活用しながら将来に向けた資産形成に取り組むことができる。「どの商品を購入してよいかわからない」「投資の知識がないと難しそう」といった理由でこれまでNISAを利用できなかった働く世代をサポート、顧客の取り込みを図っている。

おまかせNISAは同社独自のサービスで、他の金融機関のNISAとは別の内容。また、NISA口座で金融商品を購入できるのは同一年において1つの金融機関のみとなる。 同じ年ですでに他の金融機関のNISAを利用している場合、 ウェルスナビのおまかせNISAとの併用はできない。

NISA口座の非課税期間には期限があり、 期間は、非課税管理勘定を設けた日から、 同日の属する年の1月1日以後5年を経過する日までです。 当該5年間を経過する日以降に、 NISA口座をそのままにしておくと、非課税口座約款の規定に従い、 保有商品は特定口座または一般口座に移管される。 一方、 非課税口座約款上必要な手続を行うことで非課税期間を延長(ロールオーバー)することも可能だ。

【関連サイト】ウェルスナビ(WealthNavi)
【関連記事】ウェルスナビ(WealthNavi)の評判・口コミ
【関連記事】ウェルスナビ(WealthNavi)の実績・運営企業

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチームは、ロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが投資の基礎知識からロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」