「WealthNavi for SBI証券」 最低投資金額を10万円に引き下げ

預かり資産・運用者数No.1のロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」を提供するウェルスナビ株式会社は9月28日、「WealthNavi for SBI証券」の最低投資金額の引き下げを発表した。最低投資金額の引き下げにより、ユーザーは10万円から「WealthNavi for SBI証券」の利用が可能となる。

ノーベル賞受賞者が提唱した理論にもとづいた「長期・積立・分散」の資産運用を全自動で行うウェルスナビは、2016年7月の正式リリースから約2年2か月となる18年8月23日時点で、預かり資産1,000億円、申込件数13万口座を突破している。

ウェルスナビは正式リリース以降、「長期・積立・分散」の資産運用を全自動で行うサービスとして高度な知識や手間なしに国際分散投資を行うことができることから「働く世代が手軽に資産運用を行えるサービス」として支持されてきた。資産運用をお考えの方は、今回の最低投資金額の引き下げを機に同サービスを検討してみてはいかがだろうか。

【関連記事】ウェルスナビ(WealthNavi)の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチームは、ロボアドバイザーや金融知識が豊富なメンバーがロボアドバイザーの基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」